お飾り本棚

読んだ本や漫画を書き連ねたりなんか色々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「クダンノゴトシ」が完結していた

2017-04-29 20:02:35 | マンガ

「クダンノゴトシ」

 

クダン、いわゆる牛の化け物を主題にした漫画なんですが、単行本が出るたび読んでいましたがちょっとサボっている間にストーリーはすでに完結してしまってました。。

 

ウェブでも読めるので読みたい人は読んでみてもいいかも。

 

大学生の卒業旅行で出会ってしまったクダン。

 

顔は人間(漫画では男の人)体は牛、そして人の言葉で予言をするという摩訶不思議な生き物が、大学生一人一人に死の宣告をしていきます。

 

そしてその通りにひとり、またひとり・・・・

 

最終的に生き残る人間もいますが、「えっ、そうなの?」という因果はめぐる的な終わり方になっていました。

 

ハッピーエンドかというと・・・どうなんだろう。仲間結構失ったからなあ。

 

主人公の辻元光とその彼女の桜井千鶴がこの漫画の主軸に立っています。

 

悲しい定めの光でしたが、千鶴の言葉で今後は変わっていくのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「服なんて、どうでもいいと... | トップ | 「アシガール」も実写化なんて »

マンガ」カテゴリの最新記事