White note

日々の幸せなこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分を励ませるスキル

2016-10-18 20:04:18 | ちいさな ひとりごと
努力に評価がついて来ないことや思わぬ荒波に難破船になりかけることも生きていれば少なからずあるわけですが、
そんな時、『自分にどんな言葉をかけてあげられるか』は幸せを感じて生きるためにとても大切なことだと思う今日この頃…。

自分に『かけてあげる』とは日本語としてはおかしいのかもしれないのですが、あくまでも第三者的にということで(o^^o)

私が『あ、これは良い変化だな』と思ったのは、先日思わぬ評価だった時とっさに自分にかけた言葉が『いいじゃない、一生懸命やったことは私がよ〜〜くわかってるんだから^_^』だったからです。

これまでに良くあったのは、思わぬ評価だった時に自分なりの努力はさておき深く落ち込んだり、その評価をした人に怒りを感じたり…。
モチロンそれも心から発したことなので悪いことではないと思うのですが、肝心なのはこの落胆と怒りの感情では『自分が幸せを感じられない』のですよね。

『心の中はいつでも自由』なので何を感じても正解なのですが、より大きな幸せを感じるためには『どこに視点を置くか』が大切だと思うのです。
起きた事実は変わらないのですから^_^

他人からの評価ってホントに頼りにならなくて(笑)←これは私自身も含めてですけど。
その日その時その人のコンディションですぐ変化する…( ˘ω˘ )

だから大切にすべきは『自分の評価』と『事実』なんですよね。
『自分の評価』は自分だけが知っていることも含めて時にはちょっと甘めにジャッジして(笑)、
とはいえ『事実』で冷静かつ客観的なジャッジも忘れない。
これからもそんな風に自分と付き合って行きたいな、と(●´ω`●)



あれ、意外と長くなってしまった…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2.怪人 | トップ | 仕方ないとしょうがない »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ちいさな ひとりごと」カテゴリの最新記事