今日も思いつくまま

毎日の生活の中で感じたあれやこれや…
★コメントは承認制とさせていただいています。

自信喪失

2006年11月06日 10時27分44秒 | 生活一般
今日は「4連休目」である。
急ぐ仕事がないというのが大きいが、ともかく今の職務は休める日が超限定されるため、家でやらねばならないことを片付ける日に充てた。
当初の予定では、11/4の「光」開通にあわせてサイトの整理・更新を大々的に行う予定の日にするつもりだったのだが、予定は大幅に狂ってしまった。
…というか、未だにそのショックから立ち直れないでいる。

「これからは光です」といわれるままに、どうしてホイホイと乗ってしまったのか。別に今までのADSLで環境としては十分だったのになあ。
まあ、それが営業の常套手段であり、法的に問題があるというものでもないわけで、それを決断したワタシと、ちゃんと認識しないうちのPCと周辺機器が悪いのだけど。

それが金曜日にプロによってたとえ繋がったとしても、その後の経済的な問題としても、IP電話にしなかったこともあり(最近トラブルが多いのであえてこの部分の契約はしなかったのだ)結果的に負担が倍増するのが見えてきた。
こういう風にお金で示されると「ハメられた;」って感じが強くなる。あ~~、違約金取られても、解約して元に戻す方が気分いいかも…なんて思ってしまった。

人生の中で、契約を含めて、決断を迫られる場面は多い。
振り返ってみると、あのときの決断は拙速だったとか、間違えたと思われる分岐点がけっこう多かったなあと思うことが最近多い。

順風満帆なときだったら、過去を振り返ってもマイナス思考にならないのだろうが、ここ1~2年は、どうも後ろ向きだ。
人はそうは見ないだろうが、現在の自分に不満や不安は尽きない。そしてその不安の原因は、全て過去の自分が判断してきた結果なのだと捉えているらしい。
だけど、そのときはそれなりに考え悩んで、その当時の自分のベスト?の能力で決断してきたわけなのだが…(今回のような契約は除いて)
考えが足りなかったといえば、それまでだけど…。

なんだかなあ…今回のトラブルでかなり自信喪失してしまった。
こういうときは、重要な決断はしばらく保留にして、「動かず騒がず」とした方がいいのだろうか?

それにしても…通信関係の経費の問題については、このままだと、どうしても納得いかないのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌倉散策 | トップ | 消費者はしつこくあるべし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。