旅山スケッチ

旅と山とスケッチ。
そして、たわいのない出来事、

※ 山がダメなら、自転車が・・・・

2017-01-04 16:43:46 | サイクリング
 
我が山仲間もご老体になったものだ。
もう3000m級の山は行けないと言う。
もっとも本人が行く気があっても、奥さんやまわりの人が反対する。
まあ、当然の話だろう。

 ということで、ご老体3人が、山ではなくサイクリングに出かけた。
ママチャリじゃない。れっきとしたギア付きのロードバイクだ。
目指すは関宿城、 あわよくば渡良瀬遊水池・・・ここまでは無理だったけど。

 江戸川堤防のサイクリングロードは、天気晴朗、風もなし。
正面には男体山、右方には筑波山、左方には富士山。
きつね色に輝くカヤやススキの穂、ゆったりと流れる川面、正月休みを遊ぶ親子連れ、大きく広がる青い空、この平和を世界中の人たちに味わってもらいたいと思うが・・・・

 関宿城内の資料館によると、この地は江戸時代から水運の要所と共に、洪水との戦いに明け暮れていたようだ。
戦国時代は、小田原北条氏との攻防があり、長い歴史を感じた。

 帰路は、夕焼けに染まる富士山を見ながら、休みなしでペダルを踏む。
往復50kmの無事帰還を祝っての一杯は、心地よい疲れの身体にじわ~と滲みわたった。





座っている人は、断じて私じゃありません!


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シベリアからの優雅な客 | トップ | 花には悲しみはない・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
謹賀新年 (たか)
2017-01-04 17:25:12
旅山さん、新年おめでとうございます。
  本年もどうぞ宜しくお願い致します。

素晴らしい正月を過ごされましたね。
読んでいる内に情景が浮かんできて
私まで一緒に自転車で走っている気分になりました。
でも往復50キロ
「ここらで私は帰りますわ」だったかもしれませんが。
>もう3000m級の山は行けない・・・
   いえいえ未だお若いですよ!
たかさんへ (旅山助地)
2017-01-05 21:45:07
あけましておめでとうございます。
今年も、いい写真をいっぱいアップしてください。
楽しみにしています。

コメントを投稿

サイクリング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL