よくわかる!ほけん案内国分寺店スタッフブログ

よくわかる!ほけん案内国分寺店コミュニケーターのブログです。ご来店お待ちしております。

先進医療制度とは。

2017-06-17 11:27:58 | 日記

こんにちは~よくわかる!ほけん案内国分寺店コミュニケーターの竹内です。

本日は、先進医療制度についてです。
先進医療の制度とは、ずばり最新の医療を受けやすいようにした制度です。


病気やけがをしたとき、治りたいと思うのは誰にも共通する願いです。治るために失うものもあります。
激しい苦痛を伴うもこともあります。治ることをあきらめなければならないこともあります。

しかし、近年の医療技術の進歩によって、失うこと、苦痛が伴うこと、あきらめることをできるだけ軽減し、
治療後もいきいきと暮らしていきたいと願う患者さんの、多様なニーズに対応することが可能になってきました。

最新の医療技術は、主に大学や病院、研究機関などで開発されています。通常、先進的な医療を受ける場合、
保険診療(*1)の適用になりません。診療や検査など保険診療が適用される部分も含めて、医療費の全額が自己負担となります。

(*1)保険診療とは、健康保険や国民健康保険など、公的医療保険の対象となる医療をさします。


しかし、最新医療技術の中で、安全性と治療効果が確保された技術について、
保険診療との併用(混合診療)が認められる制度を「先進医療」といいます。

「先進医療」として認められた医療技術を受ける場合、先進医療としての技術に係る費用は全額自己負担となりますが、
その前後に受ける診察、検査、投薬、入院など基礎部分については、一般の保険診療と同じように公的医療保険(*2)が適用されます。
つまり、「保険診療」と「保険外診療」の併用が認められるのです。こうやって患者さんが負担する医療費を少しでも軽減することで、
治療法の選択肢を広げることにつながります。


(*2)公的医療保険とは、健康保険や国民健康保険など。

続きは、また明日。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先進医療とは。 | トップ | 続 先進医療制度とは。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL