日本をよくする大阪府民の会

活動方針
1「互敬の世紀」を築く
2我国の歴史と文化に基ずく日本文化の継承
3道徳教育、歴史教育で次代を育成する

時局講演会報告

2016-11-07 09:47:52 | 日本をよくする会大阪府民の会
時局講演会の報告

 10月22日、大阪城内堀に近い「国民会館」で恒例の時局講演会を行った。
まず、憲法改正啓発DVDを視聴し、つづいて日本会議大阪女性の会の代表の方から、女性の視点からみた憲法改正の必要性を訴えていただいた。
受付には「憲法改正賛同者拡大署名簿」を置き多くの署名を集めた。大阪府では9月末で約56万筆を集めていて、
国会での発議と国民投票での可決に向けて、国会、地方議員への働きかけや身近な人へ訴えが世論の高まりにつながると感じた。
 次に「日本をよくする大阪府民の会」 中谷会長が開会挨拶としてご自身の憲法改正実現への思いを語っていただいた。

○三輪和雄氏の講演要旨
 憲法改正の国民投票を今実施したら、間違いなく否決される。それは左翼と偏向マスコミの言動を鵜呑みにする国民が多数をしめるからであるが、
この1~2年の間に改正の世論を作らねばならない。特に大阪は維新が主流である。これに公明の組織力を加えて大きな目標達成のため、
小異をすててまとまっていく必要がある。

 改正のポイントは何より70年間洗脳されている国民意識に風穴をあける事が大切で、優先順位として
第9条2項よりも「緊急事態条項」の付加で国民投票の可決の可能性を広げるべきと思う。

 また衆議院の解散について、 12月にプーチンが安倍首相の地元山口県を訪問し首脳会談を行うが、
その成果として北方領土の2島の返還が実現すれば、可能性が広がると思う。以前4島にこだわっていた時代があったが、
当時と比べ中国、北朝鮮のわが国に対する脅威のレベルが違っている。ロシアとの協調は両国に対すし大きな圧力になる。
もちろん予想は難しいが2島の返還―衆院解散の流れと安定政権基盤づくりによって、本丸の憲法改正の筋書きの可能性が大きいと見る。

○宮崎正弘氏の講演要旨
 米国でなぜトランプ現象が起きているか?

・米国でも自虐史観がある(日本、ドイツ同様)この国民感情に対し「偉大なアメリカを再び」と商標登録して
 自らをアピールしている。トランプ氏の発言はすべて計算されたもの。

・いま(10月22日)現在クリントンの優勢が伝えられているが、まだわからない。

・結果がいずれになろうとも米国は内向きになる。(欧州主要国も同様)相対的に日本の防衛力は強化される。

(その他中国経済の実態など多方面の話題と質疑の時間には宮崎氏独自の情報源などもお話いだきました)

                           事務局により編集
『大阪府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時局講演会のご案内 | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本をよくする会大阪府民の会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL