お遍路ハウス横屋の今日はどんな?

伊予の国新居浜のお遍路ハウス管理人顛末記

同行二人

2017-03-20 15:33:00 | お遍路ハウス
歩き遍路さんにとってお杖はお大師さまなのでお杖とともに二人で歩きます。
ですから宿に着くとまず一番にお杖を洗い清めお杖に感謝するのです。その為どこのお宿もお杖を洗えるようにしてあり
横屋も最初はバケツを置いていたのですが鉢が良いとアドバイスがあったので庭にあった年代物の鉢を置くことにしました。



そうなると次はお杖立てが必要に。お部屋に床の間があれば床の間に安置するのですが横屋は床の間のある部屋は座敷しかないので
お杖立てを作ることにしました。

オーナーさんが竹を切って来てくれたのでさあ私がと腕まくりしたのですがなんせ道具がない。
このノコギリで底の部分を平らにするだけで一日掛り。



腱鞘炎になりそうだ。

でも細腕で何とか平らにし、節を抜いて切口を削り後は台に付けるだけ。



一つ作っただけで息切れが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 休憩所は賑わうも | トップ | いつもの贈り物 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひら)
2017-03-20 23:06:54
色がいい。
形がいい。
素敵な鉢ですねぇ。
バケツのお備えももちろんありがたいですが、、、 この鉢ときたら、、、、うんとうんと!いいです。

歩いて、
お宿に着いて、
お杖を洗われる時、
どんなにほっとされることでしょう。
・・・と想像うっとり。 ^^

お杖立て、すごい!
なんでも作っちゃう人だぁ~!!! 
Re:Unknown (yokoya55)
2017-03-21 08:57:53
はい。素敵な鉢なんです。
結構年代物なので勝手に使うのはどうかなと思ったんだけど後ろにヒビが入っているのでまぁいいかと。

オーナーさんはあるものは何でも使っていいですよ。と言ってくれるのをいいことにやりたい放題よ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

お遍路ハウス」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています