一言、云いたいね

社会の状況を見て一言云わせて貰う

北朝鮮への制裁が全く効かないのはどうしてか?

2017-07-12 05:38:15 | 日記

北朝鮮は国連の制裁を幾つも受けている。しかし、未だにこの国が生き延びているのはどうしてなのか。少なくとも石炭を買ってくれる中国が拒否をしている。それならばもっと重要な石油はどうなのか。中国の言い分は、人権的な立場から最小限の石油を北朝鮮に輸出をしているという。その最小限の石油の量が一体どの位なのだろう。問題は中国だけではない。北朝鮮に接しているもう一つの国、ロシアの存在だ。

ロシアは国連の制裁ではないがアメリカから制裁を受けている。アメリカと関係する国はロシアとの貿易を制限されているのだ。ロシアは、北朝鮮との貿易を従来よりも増やしていることは解っている。取引量は中国よりも多くはないが、石油の一部はロシアから流れているといわれている。ロシアは強かだ。アメリカと中国との様々な関係を上手く使って陰で動いている。習近平国家主席はトランプ大統領から北朝鮮への強い制裁を掛けるように要求をされている。

中国の立場は北朝鮮国内を平穏に保ちたい、という事しか頭にない。出来れば朝鮮半島を非核化したいところだが、金正恩第一書記は中国の言う事を聞いてくれない。北朝鮮を混乱に陥れると最も影響を受けるのは中国だ。政変が起きて国内が混乱状態になれば多くの難民が中国へ押し寄せてくるだろう。こういう状態を作らないことが中国の最大の目的なのだ。アメリカの立場とは大きく異なる。

今の北朝鮮、一体どうしてエネルギー源を確保しているのだろうか。矢張り中国とロシアではないか。どのような裏のルートがあるかは解らないが、石油が全く入らない状態ではない、という事は確かだ。北朝鮮の一般人民が飢餓に陥ろうが金一家は殆ど見向きもしないだろう。核開発とICBMの成功を夢見ているのだ。このまま進めば、今年中にICBMは完成するだろう。

アメリカにとっての脅威は益々大きくなり、アメリカがどのような手を使ってこれ以上の開発を阻止できるか、である。中国が北朝鮮に対して殆ど動かない状況が今のまま進めば、アメリカは次の一手を進めるだろう。それが北朝鮮に対するピンポイントの攻撃なのかどうか。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公園は高齢者の為だけにあるのか | トップ | テロに遭遇しないと思ってい... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。