一言、云いたいね

社会の状況を見て一言云わせて貰う

今の野党には国際舞台で活躍できない

2017-06-20 05:15:04 | 日記

今、安倍総理は野党から色々と叩かれているが、それでは野党に安倍総理の様な外交が出来るのだろうか。そもそも、今の野党、アメリカから離れて、中国と韓国に近付こうとしている。中国と韓国に近付いて、海外から果たして称賛されるだろうか。韓国を見れば良く解る。蝙蝠外交とかいうやりかたで中国とアメリカの間を行ったり来たりして、そのような外交が両方の国から信頼を得ることが出来るだろうか。

野党はアメリカ一辺倒は失敗する、と思っているかもしれないが、そんなことはない。日本はアメリカだけでなく中国ともうまくやろうとしていて、決して中国と反目しているわけではない。韓国は日本にとって一体何なのか。この国と上手くやろうとしても恐らく無理だろう。何時もゴールポストを動かし、国際条約を守らない。こんな国と上手くやれなくても日本は困ることはない。

韓国が国交断絶を望むなら日本はその方向でやればいいのではないか。韓国に日本は妥協などする必要はないのだ。韓国が嫌なら日本から自然に離れていく。それでいいではないか。隣の国だから仲良くしよう、という事を単純に考える必要はない。お互いにうまくいくように努力をして、駄目ならあきらめる。日本が一方的に妥協してきたこれまでが間違っていたのだ。今後は妥協は一切しない、という固い信念で当たればいい。

日本の野党は、民主党時代一体どのような外交を繰り広げたのだろうか。恐らく何もしなかった、というのが見えてくる。何もしない外交で日本は果たして未来が開けるのだろうか。少なくとも先進7ヶ国の一つとして国際的な信用を得るために日本の将来の発展のために海外で日本を主張すべきところでは主張しなければならない。野党には殆ど外交は出来ないだろう。大体アメリカから離れようとしているし、ヨーロッパにも何も手を打つことは出来ないだろう。

要は日本は国内だけやっていれば済む、という国ではないのだ。企業だって国際舞台で大きく活躍をしている。国が海外で何もしなかったら日本は衰退の一歩を辿るしかなくなる。国と企業が一体になって進まなければ日本はそれこそ沈没してしまうだろう。安倍総理だって人間だ。少しのミスも許されない、というのは厳しすぎるような気がする。野党が政権をとったら日本を何処に持って行こうとするのか、それが問題だ。発展途上国に陥落すれば別だが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国連人権委員、一体、何処の... | トップ | 民進党、二番じゃダメですか »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。