一言、云いたいね

社会の状況を見て一言云わせて貰う

反日の議員、評論家、学者は日本から出ていけよ

2017-04-21 05:13:50 | 日記

日本には様々な反日の人間がいる。その中でも代表的な人は議員、評論家、学者たちである。彼らは日本の税金を利用しながら平然と反日活動をしている。それほど反日活動をしたいのなら、日本から出ていけばいい。日本の税金で恩恵を受けながら日本にいること事態、極めて迷惑なのだ。彼らには日本にいる資格はない。日本にいて欲しくないのだ。反日だけしか考えていない人間が日本にいて何が楽しいのか。日本人をとことん困らせようと言う魂胆が見え見えである。こんな人間は日本人の誰もがいて欲しくないのだ。彼らが日本にいることで血税が無駄に使われているのだ。

多くの日本人は反日の人間を日本にいて欲しいと思っていない。言いたくはないが迷惑なのだ。反日の人間に対して無駄な税金を払ったり、無駄な社会保障を考えたり、何しろ無駄なことなのだ。こんな人間が日本にのうのうと生活していることが不愉快なのだ。小生からみると日本に最もいて欲しくない人間なのだ。邪魔なのである。

彼らは犯罪者ではないが、犯罪者と同じように見える。別に悪いことをしていないかもしれないが、日本及び日本国民に迷惑を直接的に、間接的に掛けているのだ。日本語で言えば、反日をする人でも人権を持っているという。そうね、確かに人権を認めよう。しかし、日本国民と日本国に迷惑をかけている意識が殆どないことが問題なのだ。小生から見ると反日の人間は極めて自分勝手である。反日をそれほどやりたいのなら日本から出ていけばいい。本当は追放したいのだ。

世界にはどこかに受け入れてくれる国があるかもしれない。何処にもなければ野垂れ死にでもすることが最も喜ばれる。それともアフリカなどに行って困っている人たちを助ければ喜ばれる。感謝もされるだろう。反日の人たちに言いたい。日本及び日本人に迷惑をかけるのなら日本から出ていけ。それだけ言いたいのだ。小生から見たらISとどこが違うのだろう、という気がする。
まあ、人殺しをしないだけマシなのかもしれない。しかし、国を愛していない人間はいて欲しくない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アホな経済学者、これが大学... | トップ | 「力は正義なり」か「正義は... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。