一言、云いたいね

社会の状況を見て一言云わせて貰う

バ韓国の勝手な言い分

2017-02-22 09:28:10 | 日記

韓国は朝鮮半島の東側を「東海」としたいようだ。それなら、なぜ朝鮮半島の西側を「西海」としないのか。自国の言い分だけを見ていると韓国の言い分が極めて勝手なのが解る。この国は何をするのでも自国が最優先と考えている。世界で自分の国が中心になっていると公然と思っている所がそもそも狂っているのだ。

その昔地球が宇宙の中心だと考えていた、所謂天動説と同じである。少なくとも韓国では地動説を学校教育で教えていないのかもしれない。宇宙は韓国を中心に動いているのだと教えているとしたら、気が狂っているとしか言えなくなる。今の朝鮮人たちは南も北も狂っている。聖上とはとても思えないのだ。

表題にバ韓国と云うのを使ったのは将にバカな韓国である。大統領が私人に対して国家機密を平気で漏らしてしまうような国である。国として扱うには程遠い存在だ。北朝鮮を見ても同じである。このような狂った国が北と南に分かれていても世界では何とも思わなくなってしまった。

底で云えるのは日本の政治家たちである。狂っている韓国を助けたいと思う政治家が今でもいるということだ。戦前、日本が朝鮮半島を統治をしていたことを恨んでいるが、その前に何故李氏朝鮮が独立国としてやっていけなくなってしまったのか、その原因を勉強しないのだろうか。

当時の国際情勢を滑降教育で全く教えていない、ということが一つ言えることだ。現在の感覚だけで物事を判断することは出来ない。東寺の国際情勢から判断して朝鮮半島を日本の統治することに決まったのである。当然弱い国があり強い国があった。日本は東洋では最強の国であった。

朝鮮人が朝鮮半島の統治が何処の国になったとしても同じ運命を辿ったことは確かだ。若しも、ロシアの統治になっていたらどのようになったのであろうか。歴史に「若しも」ということは考えられない。ロシアの統治になっていたら、朝鮮半島はロシア語に統一され、ロシアの分化が浸透したに違いない。

少なくとも朝鮮半島の運命は朝鮮人が考えている寄りのもっと大変になっていたかもしれないのだ。第2次世界大戦で朝鮮半島は日本統治から離れて独立国となったが、南北に分れたのは冷戦の為であった。運命はどうなるか解らない、というのが歴史である。バ韓国のような自分勝手が通ると思っていたら大間違い。何時までもバカを通そうとすると国が破たんしてしまうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の民進党と韓国が辿る道... | トップ | 若しも防犯カメラが無かったら »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。