一言、云いたいね

社会の状況を見て一言云わせて貰う

民進党、TPPで国民全員の賛成が必要だという。民主主義を否定

2016-10-31 05:39:00 | 日記

民進党は民主主義の原則を全く否定する気なのだろうか。国会の審議で全員賛成の票を取らなければダメだ、というのは愚も骨頂ではないか。民主主義を否定する考え方だ。このような主張をする政党には民主主義を語ることは出来ない。多数決の決め方にも様々ある。過半数なのか、70%なのか、90%なのか、決め方は様々だ。賛成多数、という事だけではない。少なくとも全員賛成という考え方には疑問が出てくる。

この国会議員には民主主義の定義付が解らないのかもしれない。そもそも、自分が議員に選挙で当選した時に選挙民全員が投票してくれたのか。そんなことは有り得ない。選挙では1票でも多く獲得した人が当選する仕組みである。それが民主主義というものだ。全員賛成でなければ認めない、という考え方は民主主義の考え方に反することくらい国会議員なのに解らないのだろうか。中国や北朝鮮の様な独裁国家であれば、100%の賛成は何時も出来るかもしれない。しかし、反対をしたら自分の首が胴体と離れることになるかもしれないのだ。

日本は幸い民主主義国家である。どのような形であれ、賛成多数で物事を決めることが出来る。当然、国会でもそのように薦められる。この基本原則を知らない民進党の国会議員は、選挙の時に100%の得票を得ることが必要だ。自分で発言しているのだから実行してほしい。一体この国会議員はどのような教育をしてきたのであろうか。若しかすると日本の教育を受けていないのか。若しかすると、もともと日本人ではなく途中で日本国籍を取得した人なのか。

国会議員になる人はせめて民主主義の基本は勉強して欲しいものだ。矢張り日本国籍を元々持っていない人が国会議員になることの恐ろしさが出てくる。国籍云々を言いたくないが、民主主義の基本がわからない非t路が国会議員になってしまうと、国を滅ぼすことになりかねない。国会議員になるには何らかの規制が必要なのかもしれない。ヨーロッパでは今、移民が問題になっているが、日本は移民に対して選挙権を与えることはしていない。今後、そのようなことを審議しようという動きがあるが、小生は反対だ。

世界は今、移民に対して色々なことが協議されている。日本に対しても要求してくるだろう。しかし、それは外国の事であり、日本は日本の考え方で進むべきではないか。移民の受け入れには慎重であるべきだ。現在日本が行っているやり方は正しいと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国に福沢諭吉が現れるだろうか | トップ | 都議会自民党、来年の選挙で... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。