一言、云いたいね

社会の状況を見て一言云わせて貰う

反日教育で人間の心を破壊し狂わせた

2017-03-08 05:40:56 | 日記

中国と韓国は反日教育を長い期間続けた結果人間の心を破壊してしまった。彼らの行動を見ると、人間として行ってはいけないことを正当化してしまい正しいことと間違ったことの違いが解らなくなってしまった。その反日教育の中で歴史を捏造し、それを正しい歴史であるかの如く教え込んでしまったことだ。小さいときから捏造された教育で正しい歴史を理解できないまま大人になってしまったのだ。

そのうちの一部の人が海外の学校へ行って正しい歴史を教えてもらうことになったが、正しい歴史が間違っている、ということに気がついても修正することは出来なかった。三つ子の魂百まで、という諺があるが、まさにその通りである。反日教育を受けた世代は殆ど反日の考え方が根付いているが、反日教育以前の教育を受けた世代はそれほど反日になっていない。この差は何なのか。反日教育はそれほど若い人たちの人間の心を破壊してしまったのだ。

これは中国よりも韓国を見ればよく解る。歴史の捏造はあまりにもひどいからだ。韓国で教えている歴史の殆どが捏造されているものだ。それは東洋史だけでなく世界史に及んでいる。世界史を捏造する韓国の教育の精神が狂っているとしか思えない。そのような人間か海外の学校で勉強してどう感じるのだろうか。

上記の捏造は歴史だけではないと言う。地理に及んでいるという。自国の地図を表すのにわざわざ他国よりも大きくしてしまう。特に、それが日本の国土との比較においてである。これこそ狂った教育と言うものだ。こんな教育を受けた生徒たちは大人になったらどのようになってしまうのか。それが現在の韓国の40才代以下の人の姿である。小生から見たら恥ずかしいという気持ちになってしまう。

国が行う教育が狂っていると、それを受けた生徒が狂ってしまう。だから朝鮮民族が狂ってしまっているのかもしれない。それも北朝鮮と韓国が揃って同じような狂った教育をしている。正常な国が出来るわけがない。正常な国造りをするには100年では難しいだろう。200年、300年かけて人間を変えない限り難しいのではないか。DNAに根付いてしまった狂った心を入れ替えるには長期の年月が必要だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の新幹線技術が中国へ漏えい | トップ | 第二次朝鮮戦争は起こるのか »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。