一言、云いたいね

社会の状況を見て一言云わせて貰う

北ミサイル、領海に着弾、当然防衛出動だろう

2017-04-19 05:16:13 | 日記

『領海に北ミサイルなら「武力攻撃切迫事態」検討』という記事を見て、いよいよ国も真剣に取り組む気持ちになった、という感じがしてきた。家の庭の中にバンク弾を落としたらただでは済まないのは常識だ。もしも、野党が政権をとったらどのように対処するのだろうか。日本国民を犠牲にしてだんまり戦術になるのではないだろうか。何も対応しないのが野党政権だ。それは既に尖閣諸島に中国人民軍が上陸した時に証明されている。

野党が政権をとると、尖閣諸島だけでなく沖縄諸島も失うだろう。何故なら、野党は今の沖縄県知事を支持しているからだ。そしてもう一つ、対馬も同時に失うだろう。野党が政権をとったら日本国土のうち、本島以外を失う可能性が極めて高い。伊豆七島でさえ失うかもしれない。野党は日本国土を守ろうとする気持ちが殆ど感じられない。それどころか、日本国土を中国に売り渡すかもしれないのだ。

今の野党の発言を見ていると、日本は何処かの国と同じように中国の属国にさせられてしまいそうだ。何故日本を守ろうとしないのか。それは野党の連中は、中国や韓国、北朝鮮と通々だからだ。野党は日本国民などどうでもいいのだ。自分たちが良ければ国民など奴隷になろうが賎民になろうが構わない。自分たちが豊かになれば国民は二の次なのだ。そんな政党に日本を任せるのはごめんだ。

2000年の歴史を持つ日本を外国に売り渡さないようにするためには、止むを得ないが今の与党に任せるしかないのではないか。自民党や公明党も頼りない所が多い。しかし、野党と比較すると仕方のないこと。北朝鮮がしきりと日本を恐喝している。拉致被害者と関係が深い北朝鮮の責任者は日本を恐喝しているが、こんな人間を相手にしなければならないのだから、日本の担当大臣も大変だ。

そもそも朝鮮人は、どのような人間を見ても真面な人間がいない。政府の代表者にしても同じである。ヤクザ国家なのだから仕方がないが、それにしてもひどすぎる。ミサイルを日本近海に着弾させているが、一歩間違って領海又は領土に着弾したら、北朝鮮のミサイル発射基地を全滅させなければならないだろう。そうしないと次のミサイルが飛んでくるからだ。当然防衛出動は有り得ることだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迎撃ミサイルを反対した日本... | トップ | アホな経済学者、これが大学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事