一言、云いたいね

社会の状況を見て一言云わせて貰う

中国の習近平国家主席の正式の年間給与が211万円だとさ、アホか!

2016-10-12 05:20:11 | 日記

上記の数値、一体誰が信じるか。こういう数値を出すこと自体、中国が如何にインチキをやっているか、という事に尽きる。小生は211万円ではなく200億円以上だと思っている。今の中国共産党幹部たちの年間所得はトップは少なくとも100億円を超えているのではないだろうか。共産党幹部クラスは年収100億円を超えていてもおかしくはない。その位大きな利権を持っているのである。

中国共産党の利権は、天文学的な数値になるはずである。中国の年間国家予算は一体幾らなのか。色々なデータが公表されているが、それらを勘案すると300兆円とも400兆とも云われている。中国は貧富の差が極めて大きい。共産党幹部たちと、最貧の農民階級の格差は天と地ほどもある。世界でも貧富の差がトップクラスであることに間違いはないだろう。表面的な数値では全く表せないほど、中国では利権による裏の所得が大きいといわれているのだ。

表題にあるように、表向きの数値を小さく出せば出すほど、裏金が大きいという事を表している。利権による裏所得の殆どを海外へ持ち出し、投資を行っている。そして、その裏金の管理を現地に住まわせている親族にやらせているのだ。中国は幾ら法律を作っても共産党幹部たちは法律の網の目をくぐって海外への投資を行っているのである。海外へ持ち出したこれらの金は、若しも戦争などが勃発したら紙屑になってしまうものが多くあるはずだ。

例えスイスの銀行や課税が掛らない何処かの国へ預けたとしてもいったん戦争になればチャラになってしまう。従って、中国はおいそれとは戦争に踏み切ることはしないだろう。特にアメリカと戦争状態になれば、アメリカ国債は紙くずになることは確かだ。中国は表向きは強気に出ているが、共産党幹部たちが残した海外債権を維持するために戦争に踏み切ることには反対するだろう。

話を元に戻すが、何故、習近平国家主席の年収が低くなっているのだろうか。中国一般人民、特に農民の年間所得に合わせることが目的なのか。政策的に決めているとしか考えられない。それにしても年間211万円、月収にすると18万円弱となり、普通に生活することさえ出来ない。まるで茶番劇である。年収211万円を信じる人は殆どいないであろう。それを敢えて公表するのだから矢張り中国は異常なのだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死刑を廃止したら誰が一番喜... | トップ | 戦没者遺品のネットオークシ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。