一言、云いたいね

社会の状況を見て一言云わせて貰う

アメリカは日本の新幹線を走らせたら技術の素晴らしさが解る

2017-02-12 05:13:25 | 日記

トランプ大統領は日本の技術に関しては絶賛している。その中でも特に新幹線はその目玉商品である。新幹線をアメリカで導入すれば、雇用は勿論、そこで使われる機材は膨大なものになる。新幹線は、技術の集成である。中国で走っている高速鉄道はすべて日本とドイツの技術の集成なのだ。日本の新幹線の技術はスピードだけではない。ハードだけでなくソフトも含めてのものだ。

新幹線は安全をすべての最初にあげている。複合システムなのである。列車を運行するだけでなくメンテナンスや機材管理、人員管理など総てを賄うことができる。新幹線を動かすには線路を敷設するだけでなく、地震や風水害など鉄道を安全に運用するためのシステムも含まれている。アメリカの場合、日本の台風よりも大きなハリケーンに対応しなければならない。また、砂漠や高所にも対応する必要がある。

日本では地震対策と台風などの風水害を防止するということが考えられるが、アメリカではハリケーン対策が必要になるだろう。ハリケーンはアメリカの殆どの地区で影響を及ぼす大きな自然現象である。新幹線を安全に走らせるにはハリケーンをどのように防ぐのかが課題になる。また、新幹線はメンテナンスが極めて重要になる。その中でも保線は最も重要だ。広大な土地に広がるアメリカ大地は、人が殆ど住んでいないところも多くある。どのように保線をしていくのかも課題だ。

日本とは違った課題が多くあるのも確かだ。それをどのように越えていくかである。困難はあるがそれを克服しなければアメリカで新幹線を安全に走らせることはできない。もしもアメリカで新幹線を安全に走らせることができれば世界最強の鉄道システムとして絶賛されるであろう。そうするためには技術の開発に一層の力を入れなければならない。技術革新は日本の特技である。絶対にアメリカで新幹線を走らせてほしい。

新幹線に対抗する国は中国、ドイツ、フランスなのであろう。しかし、アメリカのあらゆる自然現象を克服できる高速鉄道システムは日本の新幹線を置いてないはずだ。高速鉄道は安全が第一である。勿論スピードが速い方が良いことは解っている。しかし、何をおいても安全である。安全システムはハードとソフトに分けられる。日本の新幹線システムはその両方とも備えている。これをセールスポイントに置けば必ず日本が受注できるはずだ。勿論、最後は価格も考えなければならないだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「慰安婦」=「妓生(キーセ... | トップ | 日本は幸福度がそれほど高く... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。