一言、云いたいね

社会の状況を見て一言云わせて貰う

ゴルフ場問題はJOCの失態、誰かが金をもらってんじゃないの?

2017-02-09 05:28:45 | 日記

東京オリンピック会場で、ゴルフ場問題が揺れている。JOCが指定したゴルフ場は男性会員限定で女性会員は存在しない。要は、ゴルフ場の規約にそのように規定されているからだ。世界中のゴルフ場で過去に男性限定会員制のゴルフ場は多く存在している。しかし、最近になって女性にもゴルフ愛好家が増えてきて女性にも開放するところが増えてきた。男性限定のスポーツではなくなってきたからだ。

ゴルフは紳士のスポーツと言われてきた。イギリス発祥のゴルフは紳士のスポーツとして世界に広まっていった。日本には明治34年に神戸六甲山にゴルフコースが出来た。日本でも多くの男性がゴルフに興じるようになったのは戦後になって、それも1970年を過ぎてからであった。今では、多くの女性にもゴルフに興じる人が多くいる。そんな中で、オリンピックの競技の中にゴルフが加えられることになった。

2020年のオリンピック東京大会ではゴルフ競技が行われることになっている。その会場として東京に近い埼玉県のゴルフコースが候補地として挙がった。このゴルフコースは名門と言われるコースで政治家や有名人が会員になっている。今までは男性限定会員であるが、今回のオリンピック競技の会場となるためには男性限定ではなく女性にも開放されることが条件となっている。

男性限定という事は女性蔑視の考え方になってしまう。ゴルフ場としては今までと同じように男性限定会員制を崩したくないようにも見える。降って湧いたようにオリンピック会場になってしまった現在、ゴルフ場としてどのように対応していくのか。このままではオリンピック会場には相応しくない、と言われる。ゴルフ場としてはオリンピック会場という名誉は有難いが、かといって男性限定会員制という制度を崩したくない、という考え方も変更したくない。

まあ、決着をするには男性限定会員制を取り止めるしかないだろう。それがダメなら返上をすべきである。2者択一になる。今後の事を考えると、この際に女性会員も認めるようにしてもいいかもしれない。小生には男性限定という考え方は古い昔の考え方だ。前に進むには古い考え方を捨てることも必要だ。今会員になっている男性老人たちも10経てばこの世にいなくなるはずだ。将来の為にもここは一歩譲る気持ちを持つことも必要ではないか。しかし、JOCはこの失態を決着できるのだろうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駐韓大使、帰任させて解決す... | トップ | こんなアホが何故学校の教師に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。