一言、云いたいね

社会の状況を見て一言云わせて貰う

中国の宇宙開発技術は本物か?

2016-10-20 05:17:10 | 日記

中国は宇宙船を飛ばすことに成功した。本物のように見えるが、完全な民用ではない。全て軍人が取り仕切っているし、宇宙船に乗っている人間も軍人だけだ。軍事利用が最優先されているのは確かだ。ということは、現在宇宙に浮かんでいる宇宙船は、何を目的としているのか。

この宇宙船に軍事基地を造って、他の国の打ち上げた衛星などを打ち落とす事も出来るし、妨害をすることも可能だ。勿論、宇宙からすべての国に攻撃をすることもできる。中国共産党が狙っているのは、単なる宇宙開発ではなく、軍事的な優位に立とうという魂胆が見えてきた。

AIIBにしろ宇宙開発にしろ、中国は現在の社会の芳香を変えようとしているように思える。所謂西欧が築いてきたものを中国中心に持っていこうというのだ。世界制覇を狙うには近代科学を投入することが最優先である。西欧が開発した技術を使って自国では苦労しなくても宇宙へ行く事も出来たのだ。

中国に残された課題は西欧が築いてきたシステムを中国が中心となるシステムに変更することにある。金融と宇宙を手に入れ、世界を自由にコントロールすることが出来れば、中国の思惑通り世界制覇が可能になる。政治や社会は中国共産党が徐々に締め付け、最後は中国共産党一つの世界になる。

資本主義と共産主義、どちらの政治形態が優れているかはわからないが、人間が暮らしやすいのは果たしてどちらなのか。自由や民主主義、人権などのことを考えたら、必然的に答えが出て来る。人間社会を正常に保つためには秘密警察、公安警察は必要ない。中国共産党幹部たちの蓄財がどれほどのものなのか未だにベールに包まれている。

宇宙開発に成功したとしても人民の暮らしが本当に幸せなのか。未だに農民たちが苦しんでいる状況を無視した形で宇宙開発に巨額の金を投入して満足しているのだろうか。13億人の10%の人間が多くの不満を持っているとしたら本当にこの国が発展したのかどうかわからない。

宇宙に夢を託した、と言っても100%軍事利用だとしたら、果たして立派だと褒めることができるだろうか。人類のために、という基本的なものが欠けていたら、仮令どんなに優れた技術でも「素晴らしい」ということは出来ない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民泊、規制緩和したら、違反... | トップ | 韓国は友好国じゃないよ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。