一言、云いたいね

社会の状況を見て一言云わせて貰う

トランプ氏が落選したらアメリカは復讐の嵐が吹く、という

2016-11-07 05:04:32 | 日記

『「復讐は10倍返し」が信条のトランプ、落選なら米国には何が起きる?』という記事を見て、大変な人間が大統領候補になったと思った。アメリカ中が復讐のあらしに見舞われる、という事態になったら、社会は大混乱に陥ることだろう。どうして、こんな人間を大統領候補に仕立ててしまったのか。それはアメリカ社会そのものが相当病んでいるからではないか。自分は病気ではない、とみんな思っているのだが、実は心の闇に陥っている。

周りの人たちは余り気が付いていないが家族はみんな知っている。心の闇の中に潜んでいる病は精神疾患という表だった名勝では知られているが、実際には誰にも解らない。若しかすると本人も解っていないかもしれない。トランプという人間が今のまま大統領に若しも就任してしまったら、アメリカは何処に向かっていくのだろう。取り巻き連中に果たして制御する力があるのだろうか。

また、若しも落選したらどうなるのか。復讐のあらしが吹きまくる、という恐ろしい事態になるかもしれない。投票日も直ぐ目の前に近付いてきた。クリントン氏との差は僅かだという。当選しても、落選しても問題が起きるというトランプ氏。アメリカがどうしてこんな事態になってしまったのか。アメリカを引っ張っていく大統領候補がどうしてこんな事態になったのか。カギを握るのは国民の考え方である。

過去の大統領選挙でここまでこじれたことはあったのだろうか。選挙が済んでしまえば、敵と味方は手を差し伸べて握手を交わしたのではなかったか。そのような姿を見てきた外国人は、アメリカの変貌をどのように見たらいいのだろう。国民の考え方が著しく変わってしまったのか。国民が入れ替わったわけではない。4年前の選挙ではこのようなことは起きていなかった。誰かが混乱が起きるように仕掛けるのだろうか。

大統領選挙は戦争ではない。復讐などという事が起きるはずがない、と思っている人が多いはずだ。現にアメリカ人の多くが本当に復讐のあらしが来るとでも思っているのだろうか。マスコミが書き立てているだけなのか。トランプ候補が本当に復讐の鬼となって動き出すのか。彼は企業経営者だ。若しも、復讐劇をやってしまったら企業としてはお仕舞になるだろう。全ての財産を失うことになるだろう。復讐をするならもっと別の方法を考えるのではないか。アメリカ人の良識が働くと思う方が普通ではないだろうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国、結局ジェットエンジン... | トップ | これでも理工系大学生なのか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。