kaze の たより

楽しい山登りや 日々のこと
   私は元気!

鶏冠山ハイキング

2017-06-13 09:07:46 | 

雨が降りそうもなく 安心して近場の山へ

アルプスは全国にいっぱいあるようですが

ここも当地のアルプス 湖南アルプス といいます

行きそびれていた 初めてのコースです

↓ 登山口

ほんの少し歩いただけで池があらわれました

↓ 水の流れが池に注いでいます(すべての水は琵琶湖へ)

↓ すてき こんな小道が好き 水の流れもあります

なんだかワクワクしてきました

↓ うれしいサンキライにもであいました

団子を包むために よく阿蘇の野山へもらいに行きました 「ダゴンハ」です

モチツツジもかろうじて残っています

水音を聞きながら あるいは渡渉しながら足が進みます

↓ 落ケ滝です

水量は少ないですが下から見ても よじ登って(ルートあり)上から見ても立派です

 

↓周囲はこんな感じ 鶏冠山かと思いました違ったようです

湖南アルプスは大岩、奇岩が露出しているところです

↓ 整備された標識に やっと鶏冠山の文字が見えました

山頂へのルートは中々の急登が続きます

ピークに着くたび ここが山頂かと 三回もだまされます

下左の写真は 花崗岩がザラザラしてて とてもよく滑る急登ですが

急登の感じが全く出ていなくて残念

↓ 山頂からの見通しは悪いです

滝のあたりで昼ご飯 食べてくればよかった~

↓ 帰りは北谷林道へ降りることにしました

案内はないけどたぶんこれでしょう

↑ なぜこの山を 鶏冠山とよぶのか?

ず~~~とこの細い稜線が続くので これを鶏のトサカ(冠)に

なぞらえたのではないでしょうか?ちがうかな?

 

↓ (上)途中から見た金勝山(こんぜやま)全体 

  (中)耳岩、天狗岩のあたりをアップ

  (下)さらに左方向に続く鶏冠山

↓ 山全体を眺めながら林道にでました

↓ 白線のコースを歩いて3時間でした 地図内全体を湖南アルプスというようです

 

 

 ↑ 草津川は古くから天井川となっています

ここは旧草津川なのか?1980年代に掘られた草津川なのか?勉強不足でわからない

橋には草津川とありますが

ここは川最上部あたりです(源流地点は山の中でしょう)

道路とほぼ同じくらいの高さまで 砂がおおっています

あとほんの少し下流にいくと人家のほうが川底より低いです

その砂を掘っているようです 水も出てきています

河川改修?

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金糞岳と白倉岳へ | トップ | 丹波篠山へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む