犬の散歩

見たこと、聞いたこと、感じたこと、思ったこと

嘴が婚姻色になっているアオサギを見た

2017-03-08 08:30:58 | 日記

 3月8日(水)の朝の散歩について

 

 7時15分に犬の散歩に出掛ける。今日は水曜日。

 

 丘陵の頂越えのコースを歩く。曇り。

 

 命豊かな川の向こうの土手の上に首を縮めたアオサギがいた。嘴が紅と黄の中間のような色をしていた。今までアオサギの嘴に注目したことはなかった。目立たない色だったからだろう。するとこれは幼鳥なのだろうかと思った。家で図鑑で調べたが幼鳥の特徴ではなく婚姻色とのことだった。

 

 駅の上空をカラスとカラスより少し大きいトビが空中戦をやっていた。急上昇し急降下しながら。このトビは幼鳥だろう。

 

 ビワの緑色の実が先端の枝より太くなっている。

 

 8時15分に帰着。

 

 

 

 

 

 昨夕の散歩について

 

 3時25分に犬の散歩に出掛ける。横浜の親戚がリードを持ってくれた。

 

 北の門から出ようとしたら市長候補の選挙カーが横を通った。初めて外に出ている人を見たというような感動の表情が手を振っている人の顔に見えた。冬型の気圧配置になり急に寒くなったのだ。乾燥した冷たい風も吹いている。こんな時にわざわざ外出する人もあるまい。

 

 寒くなったので犬はすこぶる元気である。が、公園にもグラウンドにも人は殆どいなかった。

 が、公園の奥の方に若い柴犬を連れた人が見えた。お互いがお互いを発見して近付き一緒になった。

 相手の人は寒くなったし3時になったら犬が行こう行こうと騒ぎ出したので出掛けたのだそうだ。この若い柴犬は自分が大切にされることに大きな意義を認めているようだ。

 

 海岸に出た。一昨夕と大違いで海は冬の海に戻っていた。

 

 4時10分前に帰着。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犬の親戚のような人たちが集... | トップ | 犬の作戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。