犬の散歩

見たこと、聞いたこと、感じたこと、思ったこと

口笛を吹くと犬は視線をこちらに向けた

2016-10-12 10:46:57 | 日記

  

 

 10月11日(火)の朝の散歩について

 

 6時5分に犬の散歩に出掛ける。

 

 山陰本線を跨ぐアーチ状の橋を渡るコースを歩く。曇り。

 

 家を出た時は東の空は赤黒く焼けていたが、次第にオレンジ色から黄色に変わり更には白っぽくなった。

 

 この所、犬は強硬に自分の我意を押し通そうとする行動が目立ってきた。簡単に諦めなくなった。リードを引っ張って自分の行きたい所に行こうとする時のことである。

 

 帰路、中道を歩いている時、1960年代に流行ったイギリスのシーカーズのジョジィガールのイントロの口笛の所を吹こうとしたが上手くいかなかった。

 吹き出した時、犬が私の方をちらりと見た。顔は動かさずに目だけこちらに向けた。自分とは関係ないと判断してまた前を向いてさっさと歩いた。

 犬に口笛を吹いてやることが殆ど無くなっていることに気が付いた。

 

 6時40分に帰着。




 昨夕の散歩について

 

 4時15分前に犬の散歩に出掛ける。

 

 太陽は出ているが風が何とも涼しくて心地良い。

 

 神社の境内は人だかりがしていた。なにやら食べ物の良いにおいもしてきた。露天が出ているようだ。

 剣道大会があったようだ。グラウンドは臨時駐車場になっていて県外ナンバーの車もあった。

 

 公園、グラウンドを通って海岸に向かう。海の中にはサーファーが数名いた。浜には2,30人の人たちがゆっくり動いていた。3連休の最後の夕べをゆったり過ごしているようだった。

 

 犬はちょっとやり過ぎではないのか思える程、私を引きずり回す。私は別に転んではいないがそれでも引きずり回されているという気持ちになる。

 犬は体力、気力とも充実しているようだ。

 

 帰路、グラウンドと公園の外の道を歩いた。金網越しに剣道着の女子剣士が我が犬を見て、ああ、可愛いと言ってくれた。だが、犬の耳には届いていない。世の中、大部分がこんな関係で進んでいる。

 

 ・・・

 午後2時半過ぎに来客あり。玄関で話す。犬は奥の間に入れておいたが吠えた。が、緊急性のある吠え方ではなく、仕事だからという義務的な吠え方であった。だから会話が遮られることはなかった。

 パソコンで自分のブログは見ることが出来るがその編集画面に入ろうとすると拒否されると言うと、相手の人はウイルス対策ソフトが邪魔をしているのかも知れませんねと言う。

 それでウイルス対策ソフトを一時止めて試みたが結果は同じだった。

 ・・・

 

 4時5分に帰着。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野菊の花を見た | トップ | 中高生は冬服になっているが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。