犬の散歩

見たこと、聞いたこと、感じたこと、思ったこと

ハリエンジュの若葉

2017-04-19 07:41:31 | 日記

 4月19日(水)の朝の散歩について

 

 6時35分に犬の散歩に出掛ける。今日は水曜日。

 

 丘陵の頂越えのコースを歩く。晴れ。

 

 参道の黒松並木はどの木も黄色の雄しべをたくさん付けている。間もなく役目を果たして茶色となり歩道に落ちるのだ。市の施設の遊歩道を歩いていると周辺の木の下に焦げ茶色の雄しべが山となっている所があった。木の方を見るとまだ付いているのもあった。別の木では柔らかい薄黄緑色の穂が沢山出ていた。生き物は最初は皆、優しいのだ。

 

 この参道のある所ではアスファルトの隙間から紫色のスミレがずらっと並んで咲いている所がある。毎年見ていて懐かしい。

 

 大きな川の川岸の水面より少し高い所に横にずっと長い緑のベルトが見える。一体、どこまで続いているのだろうと思える程、長い。

 

 7時半に帰着。

 

 

 

 

 

 昨夕の散歩について

 

 3時25分に犬の散歩に出掛ける。

 

 グラウンドの端の道を歩いているとネズミムギの繁った細長い葉が太陽の光を浴びてぴかぴか光っていた。犬の毛もそうだ。

 

 ハリエンジュの若葉が風に軽く揺れていた。この木が好きなのは子供の頃、庭に植えてあったからだ。黒い幹もよく覚えている。葉を取って鶏にやったこともある。蜂の子程、喜ばなかったが、それでも啄んでいた。蜂の子をやると鶏は走り回って奪い合いになったものだ。

 ハリエンジュはその白い花が芳香を放ち私を喜ばせる。

 まだ、若葉が出ていないのはナンキンハゼとネムノキぐらいだろうか。アオギリはどうだったか。

 

 高架道路の下、陰になっている所を歩く。犬も私が涼しい所を選んで歩いていることを理解しているのかよく付いてきた。

 そこには淡いピンクと白の平戸ツツジが咲き始めていた。

 

 こんなに暑くては薄い長袖シャツかTシャツ1枚にすべきだと思うようになった。

 

 4時10分前に帰着。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大雨なので庭を歩かせた | トップ | ウスバキトンボを見た »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。