犬の散歩

見たこと、聞いたこと、感じたこと、思ったこと

若い柴犬はどこに行ったのだろう

2017-07-31 06:47:41 | 日記

 7月31日(月)の朝の散歩について

 

 5時に犬の散歩に出掛ける。今日は月曜日。

 

 国道を渡り大きな川沿いの道を東上し2つ目の枝道を北上し市の施設の敷地を通るコースを歩く。薄曇り。

 

 薄暗がりの空をコウモリが飛んでいた。向こうの道路を黒猫が横切った。

 

 国道に出て橋を渡る頃から田の方からカエルの声が聞こえてきた。今朝はカエルの声をよく聞いた。

 

 大きな川沿いの道は両側の草がずっと刈られてあった。 刈られた草が薄茶色になっている所からすると先週に刈られたものだろう。すっきりとし道幅が広がったように見える。両側から草が伸びていた時にはクモが糸を横断的に張り私はそれを切って歩いていた。今朝、クモが張ったので今日、この道を私が最初に歩いてると思った。

 

 2つ目の枝道の根元の川の土手にネムノキがあるが小さな莢を付けていた。

 

 今朝もミンミンゼミのチーが聞こえ、しばらくするとクマゼミのシャアシャアが聞こえ始めた。

 

 犬はハアハア言い私は暑過ぎを連発。

 

 5時40分に帰着。

 

 

 

 

 

 昨夕の散歩について

 

 6時15分に犬の散歩に出掛ける。

 

 参道の松並木に空色の幟が括り付けられていた。午前中に取り付けられたらしい。夏祭りが近いのだ。甚だ暑い。

 

 公園もグラウンドも人はいない。アブラゼミの声がする。ウスバキトンボが群れて飛んでいる。時々、クマゼミが飛ぶ。

 

 公園の手前で大きな黒い犬とミニチュアダックスフンドを連れた人と出合った。例によって黒い犬に引っ張り回されていた。黙礼をする。

 神社の境内に白色と茶色の2匹のポメラニアンを連れている人を見掛けた。何ヶ月ぶりかに見掛けた。元のお家に戻ったのだろうか。

 

 海辺のカフェの駐車場の横から浜に下りる。波打ち際に向かう。ゴールデンリトリバーがリードなしで海に入ったりしていた。打ち寄せる波を物ともせず足がたいそうもない沖まで行っていた。

 そして浜に上がっては全身をブルブルと震わせて海水を飛ばしていた。海に入って出てくると必ずしていた。それに砂浜の上でひっくり返っていたりした。

 我が犬はそこを通りすぎたが、少し先に行って引き返した。

 そして相手の犬と対面した。大人しく賢そうで落ち着いていた。我が犬の方が横跳びをして挑発をしたので駄目よと背中をぽんぽんと叩く。

 相手の犬は海が大好きだそうだ。飼い主が海に入っているからだろう。

 

 海岸には5,60人の人たちが遊んでいた。

 

 参道に戻って来た。向こうから白い柴犬を連れた人がやって来た。今度はこちらが向こう側に行った。相手の人は我が犬をよく撫でてくれた。私も相手の犬を撫でる。

 もうエアコンがないと犬も私もやっていけなくなりましたと言うと相手も犬をエアコンの部屋に入れているそうだ。

 

 7時15分前に帰着。全身汗びっしょりになった。

 若い柴犬のことが気になってきた。どうしてこう長期間出合わないのだろうか。犬は若く元気そうだったし、飼い主も活動的な人だった。

 色々なことが考えられる。転居したのかも知れない。もし、犬に何かがあった場合、行方不明になったこともあるそうだが、新しい犬を飼わなければ散歩はなかろう。もし、飼い主に何かがあった場合は家族が散歩に連れて行くだろう。だからこれはないかも知れない。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川にはまって泳いだことはあ... | トップ | 犬の体重、21.26kg »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。