こんにちは!よこみち孝弘です

衆議院議員よこみち孝弘の国会・地域活動をお伝えします

民進党北海道結党大会

2016年05月17日 | Weblog

 5月14日、札幌市内で民進党北海道結党大会に出席しました。


この記事をはてなブックマークに追加

メーデー

2016年05月09日 | Weblog

 5月1日(日)、全道メーデーに参加しました。


この記事をはてなブックマークに追加

党障がい・難病政策議連、建設アスベスト国会請願署名提出院内集会に出席

2016年04月27日 | Weblog

 26日10時45分から衆議院第二議員会館会議室で行われた、党障がい・難病政策議連に出席し、全国難聴者中途失聴者団体連合会、全国肢体不自由児施設運営協議会、全国自立生活センター協議会、日本ダウン症協議会、全国精神障害者地域生活支援協議会のそれぞれの役員から、ヒアリングを行い、各団体の障害者施策について要望を受けました。

 引き続き、衆議院第二議員会館多目的ホールで行われている、全建総連主催の「建設アスベスト国会請願署名提出院内集会」に出席し、北海道の人々の請願書名簿を受け取り、激励挨拶を行いました。


この記事をはてなブックマークに追加

私鉄総連組織内候補者「森屋たかし」全国リレーキャラバンin北海道

2016年04月14日 | Weblog

 12日、「森屋たかし全国リレーキャラバンin北海道」集会に出席し挨拶しました。


この記事をはてなブックマークに追加

衆議院北海道第5区補欠選挙

2016年04月14日 | Weblog

 12日、衆議院北海道第5区補欠選挙が始まりました。江別市で第一声。


この記事をはてなブックマークに追加

街頭演説

2016年04月04日 | Weblog

 4月2日札幌市厚別区、3日江別市で「池田まき」さんと街頭演説を行いました。

 たくさんの方々に話を聞いていただき、また声をかけていただきました。


この記事をはてなブックマークに追加

北海道新幹線開業式・祝賀会

2016年03月28日 | Weblog

 26日、北海道新幹線開業式・祝賀会に出席し、鏡開きを行いました。


この記事をはてなブックマークに追加

中東和平プロジェクト

2016年02月12日 | Weblog

 本年2月7日から12日まで静岡市が中心となって、イスラエル(女性3人、男性1人)、パレスチナ(女性3人、男性1人)から20歳前後の若者をお招きして、中東和平を考える会合が行われ、私も世界連邦国会委員会の会長として出席いたしました。

 この中東和平プロジェクトは京都の綾部市が中心になって2003年に開催されて、以後、今回で9回目であります。

 綾部市は世界連邦宣言自治体協議会のメンバーで、市長の山崎さんが会長を務めておられます。綾部市は今から61年前、日本で初めて世界連邦宣言を行った都市です。

 世界連邦はアインシュタインと湯川博士などが始められた運動です。世界連邦とは、世界の国々が互いに独立を保ちながら、地球規模の問題を扱う一つの民主的な政府をつくることを目標にしております。

 世界連邦国家委員会は昭和24年12月20日結成された、国会で一番古い超党派の議員連盟で、現在102名が参加しています。初代の会長は当時議長だった松岡駒吉議長。吉田茂総理や憲政の神様・尾崎行雄先生、社会運動家として著名な賀川豊彦先生を顧問に迎え、そうそうたるメンバーでスタートしております。創設の宣言を読むと「戦争は2度と行わない。恒久平和の実現に全力を尽くす」と明記されています。

 中東和平は世界の平和実現にとって不可欠の課題です。そしてその中心はパレスチナ問題、つまりイスラエルとパレスチナの和平の実現です。しかし現実は米国仲介での直接交渉も成果なく終了してしまい、他方ガザの情勢が緊迫化しているなど先の見えない状況になっています。

 このプロジェクトはイスラエル、パレスチナの紛争などで肉親を亡くし心に傷をもった子供たちを、日本に招いてさまざまな交流をすることで、お互いを理解し平和の大切さへの認識を深めてもらうことを目的として行う事業なのです。

 日程の最後に静岡市の日本平ホテル(富士山、海、市街地を見ることのできる素晴らしいロケーションでした)で、イスラエル、パレスチナの全員と引率者を含めて10人の人がスピーチされました。

 参加した人はいずれも親族がころされた経験をもち、遺族会で活動されている人たちです。

  その話の中には昨年の2月にベツレヘムの難民キャンプでイスラエル軍に襲われて、いとこが殺されたケースや、学校の帰宅途中にゴム弾(イスラエル軍が暴徒鎮圧に使用している)によって目の前でお姉さんが殺されたとか、あるいはハマスに誘拐されて親族が殺されたなど話をすることは大変つらいことだったと思いますが、当時のことを思い起こしながら話をしてくれました。

  そのとき皆さんが強調したことは、

    対話が必要なこと、そしてお互いを知り許すこと。対話があって初めて平和が実現できるということ。

    武力の行使は状況を悪化させるだけ。

    復讐は復讐の連鎖を生み出すだけで問題の解決にならない。

ということでした。

  ユネスコ憲章の冒頭に「戦争は人の心の中で生まれるものだから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない」とあります。

 今回参加されたイスラエルとパレスチナの人々は、心の中に強い平和の砦をすでにしっかりと築かれているということを痛感いたしました。そしてこの1週間の日本の滞在でイスラエル、パレスチナの人々の話を聞いた日本の高校生などがその心の中に平和の砦を築いたものと期待しています。

 パレスチナのアッバース大統領が2月14日から来日されます。イスラエルとパレスチナ国家が共存共栄する二国家解決を実現するために、双方と友好関係にある日本の役割は大きい。国連を動かすなどの協力が期待されている。


この記事をはてなブックマークに追加

全農林「食と農を考える集会」、憲法問題で講演

2016年02月05日 | Weblog

 本日10時30分から秋葉原で約100名が参加して開催された、全農林主催による「食と農を考える集会」で、日本国憲法と今日の有事法制について講演を行いました。

 講演では、昨年9月に強行採決によって成立した安保法制によって、日本はどう変わっていくのか、日本国憲法の成立した経過や日本国憲法と安保法制の関係などについて話をすると共に、自民党の「日本憲法改正草案」の問題点について講演を行った。


この記事をはてなブックマークに追加

党私鉄交通政策議員懇談会役員会・総会に出席

2016年02月02日 | Weblog

 本日朝8時から衆議院第2議員会館面談室で開催された、「党私鉄交通政策議員懇談会役員会」に出席し、総会にかける議案や次第について協議決定し、引き続き会議室で行われた「党私鉄交通政策議員懇談会総会」で主催者を代表して挨拶をした。

 その後、藤井私鉄総連委員長の挨拶、私鉄総連組織内候補で次期参議院候補の「森屋たかし」氏の決意表明のあと、党私鉄交通政策議員懇や私鉄総連・地方連合会の役員・会員の紹介を行った後、国会情勢や参議院選挙、私鉄総連の政策課題について意見交換を行った。


この記事をはてなブックマークに追加