こんにちは!よこみち孝弘です

衆議院議員よこみち孝弘の国会・地域活動をお伝えします

次期衆議院総選挙に立候補しないにあたって

2016年06月02日 | Weblog

 (5月28日、横路孝弘国政報告会の挨拶)

 まず、初めに皆さんにご報告しなければならないことがあります。私はこの度、次の衆議院総選挙には立候補しないことを決意いたしました。

 長い間、北海道1区の皆さん、また道民の皆さんには、たびたびの衆議院選挙、そして知事選挙と本当に大変暖かい大きなご支援をそのたびに頂きましたことに、心から感謝を申し上げます。本当に長い間有難うございました。

 私は知事の仕事を終えたとき、日本にはヨーロッパ型の社会民主主義の政党が政権交代のためには必要と考え、全国のローカルパーティの結集をはかり、同時に1996年に民主党を正式に立ち上げました。

 最初の準備段階のときの仲間は、東京の海江田万里さん、高知の五島正規さん、徳島の仙谷由人さん、兵庫の高見裕一さん、そして鳩山由起夫さんと私の6人で出発したのが始まりです。そして、事務局として札幌から松本君と秋元君が参加してくれました。その時いろいろ政策の議論をしながら2015年には政権をとるという目標を立ててスタートし、2009年に政権をとったのです。我々の政策は間違っていなかっただけに、党内闘争により政権が継続できなかったことは残念です。

 

 よく安倍総理は「民主党は何もしなかった」と話をし、民主党政権との比較の数字を挙げて発言していますが、しかし実質的に経済をとってみますと民主党政権の3年間と安倍政権の3年間を比較してみると、安倍総理の指摘は正しくないことがわかります。例えば実質GDPは、民主党政権は3年間で29兆6284億円のプラス、他方、安倍政権の3年間で9兆1027億円のプラスです。個人消費も実質、民主党は3年間で15兆7305億円増えましたが、安倍政権では3年間で3兆6722億円も減少させているのです。また、住宅投資は横ばいで、公共投資は民主党政権より安倍政権は1兆2333億円増加していますが、設備投資は、民主党政権はその前より5兆3073億円増加し、安倍政権は3年間で2兆7283億円しか増加していないのです。

 アベノミクスは、金利を下げ、公共事業で経済を好循環へ導くという主張でしたが、しかし結果は円安と株高だけで、個人消費も設備投資も増えていないのです。明らかにアベノミクスは失敗しているのです。(資料「民主党政権おその前後の日本の状況」「安倍政権3年間の日本の姿」を見てもらえば明らかです)

 

 安倍総理は「企業が世界一活動しやすい国」という目標を持って政策を展開しました、例えば法人税を3年間で7%も引き下げました。本当に大事なのは、企業は人によって支えられているのですから、働く人が世界一安心して仕事のできる国にしなければなりません。しかし安倍政権の3年間は、企業が第一と考え大企業は利益をあげ内部留保は増え、株高でお金持ちは潤いましたが、格差は拡大してしまったのです。

 大都市と中都市等による地域間の格差、正社員と非正規社員による雇用の格差、親の所得による教育の格差、資産の格差、男女の格差は拡大し、そして健康の格差まで出てきたのです。健康の格差とは国民所得レベルを5段階(高い人から、低い人へと20%ずつ)に分けて、一番高い高所得者層を男性・女性を1とすると一番低い低所得者層は男性で3.5倍、女性で2.5倍の人々が死亡しているのです。本当に病気になっても病院へ、お金がなくて行けない人が増えているのです。本当に厳しい格差になっているのです。

 

 私の役割は民主党とともに終わったのだと思っています。今後は新しい民進党で、新しい若い人の手で政権を目指してほしいです。できれば、次の総選挙で50議席以上増やして140議席以上となり、そして次の総選挙で政権交代をかけて選挙をやり、政権交代を実現してほしいと願っています。 勿論、私は次の衆議院総選挙には立候補いたしませんが、政治活動をやめるわけではありません。憲法と平和そして民主主義を守りための活動は続けてまいります。特に18歳選挙権が実施となり、この参議院選挙から施行されます。そのためにも若い人たちの支援をしていきたいと考えています

 

 私は、どんな国でも、いつの時代でも、人々が安心して暮らせる大切な条件は二つあると思います。それは、一つは平和です。何よりも平和であることです。もう一つは仕事です。その仕事を一生懸命働けば、生活、結婚、子どもを生んで育てることができる。そして老後も安心して暮らせることができるのです。つまり仕事(雇用)がしっかりしていることなのです。この二つは、社会を成り立たせている大切な基盤といえます。

 この二つの基盤を破壊しつつあるのが今の安倍政権です。非常に危険な要素を持っている政権です。平和について考えますと、特定秘密保護法、国家安全保障会議、ガイドラインのもとでの新しい日米軍事協力体制。この3点が安倍政権のもとで推進されました。これは日本が戦争を行うための体制づくりの一つなのです。国家安全保障会議は、内閣総理大臣・官房長官・外務大臣・防衛大臣の4人で行われます。そしてその下に、国家安全保障局が各省庁の局長クラスで構成され、さらにそのもとにガイドラインに基づいていわゆる同盟運用調整メカニズムという名のもとに、米側の太平洋軍司令部、日本側の統合幕僚監部、この二つの制服組が集まって平素からいろいろ情報を交換し検討する会議が持たれているのです。

 国家安全保障会議が開催されて、どんな議論が行われたか資料要求しても、日時と場所と出席者だけで、どういう議題でどういう議論をしたかについては、すべて黒塗りです。国家安全保障会議で議論のうえ総理大臣の責任で自衛隊を海外に出すか、軍事行動を行うかどうかを決定するのですが、結局は制服組が集めた情報が上がってきて決めていくのです。安倍総理は国会で「アメリカから要請があっても日本の判断で断る」と言っていますが、そんなことはできません。完全に日米一体で、日本の自衛隊は米国の要望に基づき、米軍の行くところはどうでも行く、あらゆる戦争に参加するという体制を安倍総理はつくり上げたのです。

 現に航空自衛隊は横田の米国空軍基地、陸上自衛隊は座間の米軍基地、海上自衛隊は横須賀の第7艦隊と一緒で、完全に米軍の司令部機能から運用の実態まで一緒に行動することになるのです。日米の判断というより、すべてベースはアメリカ軍の判断なのです。まさにアメリカ軍の行くところはどこまでも付いていくのです。まさにアメリカの属国で非常に危険なことです

 

 こういう状況の下で参議院選挙が行われるのです。立憲主義・民主主義・平和主義を破壊したあの安保法制、特定秘密保護法、そしてアベノミクスなどの是非を問う大事な選挙です。しかも今回から18歳以上選挙権です。今度の参議院選挙で、共産党は野党共闘に力を入れ、自分たちの候補を下ろしてでも、なんとしても憲法改正の3分の2を阻止しようと努力されています。その背景には戦前の日本の軍事化とともに、戦争に反対する勢力は治安維持法の下で、弾圧されました。さらに安倍政権のもとで「言論統制」「表現の自由」や、「報道の自由」が危機にさらされている現状。これは「いつか来た道」ではないでしょうか。戦前、言論統制・言論弾圧・大本営発表の下にひたすら戦争への道に突き進んだあの悪夢を二度と繰り返してはなりません。

 こういうようなことを考えますと安倍政権は非常に危険な政権であると私は思います。そしてそのことを共産党も強く認識されているのだと思います。

 私は共産党の今回の決断に敬意を表したいと思います。今度の参議院選挙は、自公対民共ではありません。国家権力対市民の闘いなのです。これが今度の参議院選挙の争点です。

 

 私は過去の教訓を見つめながら、未来を見つめて活動をしていきたいと思います。

 1区の皆様方並びに道内各地の多くの人々に大変お世話になりましたことを、最後にもう一度感謝申し上げますとともに、私の後継者・道下大樹君をよろしくお願いいたします。

 本当に長い間、有難うございました。

2016年5月28日

衆議院議員 横路 孝弘

 


この記事をはてなブックマークに追加

民進党北海道結党大会

2016年05月17日 | Weblog

 5月14日、札幌市内で民進党北海道結党大会に出席しました。


この記事をはてなブックマークに追加

メーデー

2016年05月09日 | Weblog

 5月1日(日)、全道メーデーに参加しました。


この記事をはてなブックマークに追加

党障がい・難病政策議連、建設アスベスト国会請願署名提出院内集会に出席

2016年04月27日 | Weblog

 26日10時45分から衆議院第二議員会館会議室で行われた、党障がい・難病政策議連に出席し、全国難聴者中途失聴者団体連合会、全国肢体不自由児施設運営協議会、全国自立生活センター協議会、日本ダウン症協議会、全国精神障害者地域生活支援協議会のそれぞれの役員から、ヒアリングを行い、各団体の障害者施策について要望を受けました。

 引き続き、衆議院第二議員会館多目的ホールで行われている、全建総連主催の「建設アスベスト国会請願署名提出院内集会」に出席し、北海道の人々の請願書名簿を受け取り、激励挨拶を行いました。


この記事をはてなブックマークに追加

私鉄総連組織内候補者「森屋たかし」全国リレーキャラバンin北海道

2016年04月14日 | Weblog

 12日、「森屋たかし全国リレーキャラバンin北海道」集会に出席し挨拶しました。


この記事をはてなブックマークに追加

衆議院北海道第5区補欠選挙

2016年04月14日 | Weblog

 12日、衆議院北海道第5区補欠選挙が始まりました。江別市で第一声。


この記事をはてなブックマークに追加

街頭演説

2016年04月04日 | Weblog

 4月2日札幌市厚別区、3日江別市で「池田まき」さんと街頭演説を行いました。

 たくさんの方々に話を聞いていただき、また声をかけていただきました。


この記事をはてなブックマークに追加

北海道新幹線開業式・祝賀会

2016年03月28日 | Weblog

 26日、北海道新幹線開業式・祝賀会に出席し、鏡開きを行いました。


この記事をはてなブックマークに追加

中東和平プロジェクト

2016年02月12日 | Weblog

 本年2月7日から12日まで静岡市が中心となって、イスラエル(女性3人、男性1人)、パレスチナ(女性3人、男性1人)から20歳前後の若者をお招きして、中東和平を考える会合が行われ、私も世界連邦国会委員会の会長として出席いたしました。

 この中東和平プロジェクトは京都の綾部市が中心になって2003年に開催されて、以後、今回で9回目であります。

 綾部市は世界連邦宣言自治体協議会のメンバーで、市長の山崎さんが会長を務めておられます。綾部市は今から61年前、日本で初めて世界連邦宣言を行った都市です。

 世界連邦はアインシュタインと湯川博士などが始められた運動です。世界連邦とは、世界の国々が互いに独立を保ちながら、地球規模の問題を扱う一つの民主的な政府をつくることを目標にしております。

 世界連邦国家委員会は昭和24年12月20日結成された、国会で一番古い超党派の議員連盟で、現在102名が参加しています。初代の会長は当時議長だった松岡駒吉議長。吉田茂総理や憲政の神様・尾崎行雄先生、社会運動家として著名な賀川豊彦先生を顧問に迎え、そうそうたるメンバーでスタートしております。創設の宣言を読むと「戦争は2度と行わない。恒久平和の実現に全力を尽くす」と明記されています。

 中東和平は世界の平和実現にとって不可欠の課題です。そしてその中心はパレスチナ問題、つまりイスラエルとパレスチナの和平の実現です。しかし現実は米国仲介での直接交渉も成果なく終了してしまい、他方ガザの情勢が緊迫化しているなど先の見えない状況になっています。

 このプロジェクトはイスラエル、パレスチナの紛争などで肉親を亡くし心に傷をもった子供たちを、日本に招いてさまざまな交流をすることで、お互いを理解し平和の大切さへの認識を深めてもらうことを目的として行う事業なのです。

 日程の最後に静岡市の日本平ホテル(富士山、海、市街地を見ることのできる素晴らしいロケーションでした)で、イスラエル、パレスチナの全員と引率者を含めて10人の人がスピーチされました。

 参加した人はいずれも親族がころされた経験をもち、遺族会で活動されている人たちです。

  その話の中には昨年の2月にベツレヘムの難民キャンプでイスラエル軍に襲われて、いとこが殺されたケースや、学校の帰宅途中にゴム弾(イスラエル軍が暴徒鎮圧に使用している)によって目の前でお姉さんが殺されたとか、あるいはハマスに誘拐されて親族が殺されたなど話をすることは大変つらいことだったと思いますが、当時のことを思い起こしながら話をしてくれました。

  そのとき皆さんが強調したことは、

①    対話が必要なこと、そしてお互いを知り許すこと。対話があって初めて平和が実現できるということ。

②    武力の行使は状況を悪化させるだけ。

③    復讐は復讐の連鎖を生み出すだけで問題の解決にならない。

ということでした。

  ユネスコ憲章の冒頭に「戦争は人の心の中で生まれるものだから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない」とあります。

 今回参加されたイスラエルとパレスチナの人々は、心の中に強い平和の砦をすでにしっかりと築かれているということを痛感いたしました。そしてこの1週間の日本の滞在でイスラエル、パレスチナの人々の話を聞いた日本の高校生などがその心の中に平和の砦を築いたものと期待しています。

 パレスチナのアッバース大統領が2月14日から来日されます。イスラエルとパレスチナ国家が共存共栄する二国家解決を実現するために、双方と友好関係にある日本の役割は大きい。国連を動かすなどの協力が期待されている。


この記事をはてなブックマークに追加

全農林「食と農を考える集会」、憲法問題で講演

2016年02月05日 | Weblog

 本日10時30分から秋葉原で約100名が参加して開催された、全農林主催による「食と農を考える集会」で、日本国憲法と今日の有事法制について講演を行いました。

 講演では、昨年9月に強行採決によって成立した安保法制によって、日本はどう変わっていくのか、日本国憲法の成立した経過や日本国憲法と安保法制の関係などについて話をすると共に、自民党の「日本憲法改正草案」の問題点について講演を行った。


この記事をはてなブックマークに追加