よこみちのブログ

大分県のよこみち専門ツアラーのブログ 相棒ヤマハYBR125KGで行く写真日記です。

9月 険道 裏道

2016年09月19日 | 日記
あまりスピードが出ない(出せない)YBRで流れの良い国道はちょっと疲れる。
それで裏道や、旧国道なんかを主に走っています。
旧国道の良いところは、古い通りなので古いものが多くある。
石橋や、神社、石仏なんかも大体裏道や、旧国道にある。

今回は国道57号線の裏(北側)にある県道632号
いい感じに古い木造建築があったりもする。

道は途中から普通自動車がやっと通れるくらいの山道になります。
交通量はかなり少ない。
その山道からさらに旧道に、数件の民家がある集落の入り口。
岩杉橋 昭和4年
豊後大野市 大野町中土師 岩杉 


記念碑


親柱


県道632号を抜け県道41号へ合流 。余談だが、この県道41号線、師田原ダム付近は走りやすい道だが大分市方面に抜ける道は、大分県では有名な険道。安易な気持ちで入っていくと後悔します。今回は行かない。

師田原ダムで休憩。今回は水がかなり少ないようだ。



このダムの少し上に行き忘れの石橋があったことを思い出した。

この道の少し先にガードレールが見えます、。
沢田橋 大正12年?!

この奥に確かにあるんですよ、でもね、写真撮ると草むらしか映らないんです。
この橋も旧道にあり、この橋も立派な道ができて全く人も車も通らない道になってしまったみたいだ。
残念ながらこのまま山に埋もれてしまうんだろうな・・

時間がたっぷり余った。
帰りはかなり寄り道。
国道326号線に入ってすぐに「犬飼石仏」の案内板がある 

豊肥本線の下をくぐり信号を右折 大野川をはさんで向こう側の道 (市道?)を走ってみる。

犬飼石仏に行ってみた。












さらに大野川に沿って南に行くと

細長橋 今は老朽化の為か通行禁止になっている。昭和6年完成の橋 
名前の通り細くて長い橋









日豊線の鉄橋
昨日の大雨で大野川は濁流です。



大分県豊後大野市三重町浅瀬
菅生石仏まで来ました。
ここを上ります。約100段あるそうです。

中間地点



のぼりつめたところに菅尾磨崖仏があります。平安後期に作られたものとされる。

阿弥陀如来を中心に右から薬師如来、千手観音、左手に十一面観音、多聞天の仏像が彫られている。
残念ながら写真が全部ピンボケの為↓


下るのも怖い




今回走行約150km
随分と涼しくなったがまだ夏用ウェア。
ではまた次回。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月8日 水が緑に | トップ | 10月6日 日出町大神 偶... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。