=Crystalshee=

気ままな日記

虐待ですか?

2017年02月12日 10時53分50秒 | 日常
実家に行く時はいつも不眠不休。
でも、この3ヶ月くらいは疲れちゃって、実家に着いたら1日中寝てたりしました。
昨日は珍しく私が元気だったので、夕方のルイの散歩に駆り出されました。






セーター着て、耳は頭の上でチョンマゲのようにヘアゴムで結んでます。
耳が無いように見えるので、人によっては犬と認識できないようです。
大きさ的には小型犬だけど、耳がないし、フワフワしてるし、
カーリーヘアのヤギの子供なの?といった感じになるようで、
以前、通りすがりのオジサンが、「かわいいねぇ。ところで、これは何と言う動物ですか?」と
母に聞いてきたそうです。

ルイをブリーダーさん宅から引き取ってから翌日に母に渡したので
そんなにダッシュはさせてもらっていないはず(家の中で走り回ってるけど)




ならば! 私が走らせてしんぜよう!




行くぞ! ルイ!
ついてこい! 
猟犬っぽく、弾丸ダッシュで私の前を走っていました。





「こらー!走り癖つけないでよ!明日から大変になるじゃん!」と母。
それを無視して走り続ける私とルイ。
家の周りを2キロくらい散歩したあと、最近顔を見てなかったご近所さんへ挨拶。

「おー!久しぶりだな。元気か?ワシはちょっとこの辺が薄くなっちゃったけどな。」と
耳辺りにある髪の毛を触った。
このオジサマ、50代くらいには波平さんになってた。(現在86歳)

「髪の量?いやいや、前とおんなじだよ!全然変わってない。
「なに?前からこれぐらいだったか?あはははー。

そんな話をして、、、さぁ、帰ろう。
家までラストダッシュだ!






あれ? ルイ、全然前に出ないんですけど。
後ろを振り返ったら、なんか、いやいや走ってる感じ。
はるか後ろを歩いている母に視線を送り助けを求めている。




ぼく、虐待されてるんじゃ? た、助けて。。。




こらっ! お前が一番若いんじゃ! 走ることに専念せぃ! 





その後、10メートルくらい引っ張って走らせて許してあげました。
まったく、最近の若い奴はだらしないんだから。

普段は散歩から帰ってきても寝る時間までバタバタ走り回ってうるさいらしいですが、
さすがに今回は疲れたらしく午後6時から2時間くらい爆睡してました。

次に私が実家に行った時もスパルタ教育するから覚悟しときな!







ちなみに、今回の役割は、私がリードを持って散歩させる係、母はウンチ回収係でしたが、
いつもと違う散歩スタイルで緊張したのか、ウンチは出ませんでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガス漏れ? | トップ | バレンタイン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む