さざんかのゆるゆる散歩

自宅の花、家の近くをゆるゆる歩いて見つけた花、植物園で見た花などを載せて行きます。
日常の出来事や思い出、経験なども。

山陽メディアフラワーミュージアム⑦ 最終回

2017-12-17 21:21:44 | みんなの花図鑑

一度ここに行くと、いろんな植物が多すぎて、7回にも分けて

投稿してしまいました。

載せたい花がまだ数個ありますので、我慢してご覧下さい。

 

 

ジュウガツザクラ (バラ科 モモ亜科スモモ属)

十月に咲くと思っていたら、冬中咲くそうです。

                    

 

 

クレマチス・シルホサ (キンポウゲ科 センニンソウ属)

冬咲きのクレマチスです。

乳白色のパラシュート型の花を付けます。

                              

                            

 

 

ポリジ(ルリジサ) (ムラサキ科 ルリジサ属)

透明感のある青い星形の花が印象的な一年草。

白い毛に覆われた葉や茎はキュウリのような香りがするハーブです。



       

 ツワブキ (キク科 ツワブキ属) 常緑の多年草

日陰でも育ち丈夫です。葉柄は食用になるそうです。

うちの花はもう咲き終わりました。

 

ハボタン (アブラナ科 アブラナ属) 多年草

冬花壇の主役で寄せ植えなどに適しています。

3~4月には花茎を伸ばして、ナノハナに似た花を咲かせます。

花茎を数節残して切ると、そこから又花茎が伸びて、その先にハボタンが出来ます。

こうして踊りハボタンが出来上がります。

私もやってみたことがありますが、虫に食われて汚くなり諦めました。

お付き合いくださった皆様、有難うございました。

今回で終わりです。

           

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三陽メディアフラワーミュージアム⑥ 庭で見た花や実

2017-12-16 16:27:17 | みんなの花図鑑

ここの庭にはいろんな植物が植えられています。

屋外ですからその季節の花や実が楽しめます。

木の位置は大体覚えていますが、行った時期によって思いがけない発見もあります。


スキミア (ミカン科 ミヤマシキミ属) 常緑低木

蕾がびっしり付いていました。

開花は3月頃だそうで、冬中可愛い姿が楽しめます。

                              

 

 

  

ハイカンツバキ (ツバキ科)

タチカンツバキが背丈2~8mになるのに対して、これは1~1,5m位なので

這い寒椿と呼ばれる。

                            

 

 

 

ギンバイカ (フトモモ科 ギンバイカ属) 常緑低木

マートルとも呼ばれるハーブで、葉を揉むとユーカリに似た芳香がするそうです。

白い花は知っていますが、実は初めて見ました。

食べられるそうで、一つ味見させて貰えば良かった…。

                           

 

 

 

トウゴマ (トウダイグサ科 トウゴマ属)

別名、ヒマ(蓖麻)。 種子から得られる油はひまし油(蓖麻子油)として広く使われており、

種にはリシン (ricin) という毒タンパク質がある。 

これはトウゴマの実です。直径2cmほどでトゲトゲがあります。

中に3個の種が入っているそうです。

                       

                                      

                                              あと少しで終わりです。

 

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

三陽メディアフラワーミュージアム クリスマスバージョン⑤ その他の花

2017-12-15 15:46:19 | みんなの花図鑑

今日は曇り空、今までで一番寒いでしょうか。

ここで撮って来た写真を見ていると、日差しが戻って来るようです。

いつまでも同じ場所の写真ですみませんが、まだあるのでもう少し

おつきあい下さい。

今日はシクラメンとポインセチア以外の花です。


エリカ・ベスティタ (ツツジ科 エリカ属) 南アフリカ原産の常緑低木

葉は2~ 3cmほどの長い線形で、茎に密に付く。花は管状で、長さ1.7 ~2.5cm程度、

色は暗赤~桃、白など多彩で、茎の先端付近に咲きます。

         

 

 

 ここからは屋外です。寒くても色々咲いていました。

     

セネシオ・エンジェルウイングス (キク科 セネシオ属) チリ原産の多年草

 全草真っ白で、ふわふわした葉がフェルトのようです。

 まだ新しい新しい品種で、シロタエギクの仲間です。

                                                                                                                


                                       

     

    シコンノボタン  (ノボタン科 ティボウキナ属) ブラジル原産の常緑低木

    一日花を次々と咲かせます。

 

        

ブーゲンビレア (オシロイバナ科 ブーゲンビレア属) ブラジル原産の低木

名前は1768年 にブラジルで木を見つけたフランス人の探検家ブーガンヴィルに由来する。

 こんなきれいな色の花は、初めて見ました。


サルビア・インボルクラータ (シソ科 サルビア属) メキシコ原産の多年草

頭頂部の蕾のようなものは苞葉で、その下にで花が咲く。

花にこんな産毛があるなんて、今まで気付きませんでした。



     

                      


                                                  つづく…


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

三陽メディアフラワーミュージアム クリスマスバージョン④ ディスプレイ

2017-12-14 11:52:31 | みんなの花図鑑

今日はここで見たクリスマス用のディスプレイを載せましょう。

サンタさんが乗っているソリや、花に囲まれた教会などがあって楽しかったです。



                                            

                                           中で紐を引っ張ると鐘が鳴ります。


  

大きなモミの木が両側に植えられていて、花と緑に囲まれた素敵な教会です。


        

        

       

       サンタさんのソリに乗って遊ぶ子供。楽しいね~。


                


     

色々工夫されてクリスマスムード満点で、楽しく見学しました。

皆さんも良いクリスマスをお迎え下さいね。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

三陽メディアフラワーミュージアム クリスマスバージョン③ ポインセチア

2017-12-13 20:50:16 | みんなの花図鑑

昨日はシクラメンでしたが、今日はポインセチアのオンパレードです。

数え切れないほどの品種があって驚きました。

あまり考えずに、こんな色もあるんだ!とシンプルに楽しむことにしましょう

 

    

ポインセチア (トウダイグサ科 トウダイグサ属) 常緑低木 

学術上の標準和名はショウジョウボクであり、 ポインセチアは通名である。

日本では11月から12月ごろに茎の上にある苞葉が赤や桃色 や乳白色に美しく色付く。

ポインセチアと言えば何といっても赤ですね。真ん中の小さな部分が花です。

                                   


       

                             

         

            ウインターローズ  

              

    

                   

                             



クリスマスビューティーマーブル


                                

                            ゴールド  今年の新作だそうです。

      ピュアホワイト


            

             

   プリンセチア  (ポインセチアの新種でピンクの苞を持つものが多い)


        

 

         

                 

                 勢ぞろいです。これだけ色んな色があると見事です。

          

     

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加