海無県民 釣行記

群馬から新潟へのクロダイ初心者奮闘記

15日釣行⑤

2016-10-19 06:21:04 | クロダイ
お昼近くになって、スイカが底をついた。
魚の反応も無い。
移動するか。
ライブバッカンを背負子にセットし、空のバッカンを手に車へ向かう。
背中でバシャバシャしてる。ん?冷たい!水がこぼれている!
お尻までビショビショ…あーぁ
みんながいる郷津へ行くか。

車中でパンとおにぎりにかじりつく。
あれ?今すれ違った車はWさんだ。みんなも移動?
郷津まで行ってUターン。徳合で追いついた。
もっと西へ行くようだ。お供させていただくことに。
能生を過ぎると大渋滞。全く動かない。
先頭の車がUターン。引き返すみたい。
徳合の西で停車。波はそれほどでもないが、濁っている。
ここに決定。みんなは道具を持って釣り場へ。
私はコマセを作り始める。
夕方までどのくらい必要になるか?
オキアミ3キロ、集魚材3.5キロ。あと2キロ入れちゃえ!
しめて8.5キロ。ズシリと重い。まだ水が入っていないが。

階段を下りテトラを登り、また降りる。
川の流れ込みを渡り、またテトラを登る。
肩で息をする。釣座までまだまだ。
古いテトラなので、もろくて崩れやすい。
身体中に力が入り、筋肉痛確定。
バッカンも重い。

やっと釣座到着。みんな既に竿を振っている。
私はこれから海水をコマセに入れるというのに。
混ぜマゼ。やっと完成。次に仕掛け。
できたぁ〜〜。オキアミは久々だ。スイカと違ってよく飛ぶ。
が、エサが残らない。瞬殺だ。投げてから10秒ももたない。
練り餌にしてみる。通らない。
コーンにしてみる。これも通らない。
サナギにしてみる。通った。残ってくる。
サナギとコーンを刺してみる。コーンだけない。
サナギだな、ここは。
Yさんもエサが残らず苦戦している。

ここは水深がない。50㎝くらいか。
波がくるとその中にフグがワンサカ。

Yさんプチ移動。その内、場所を移動しようかと提案あり。
ゲッ!コマセに水を入れて一番重いのに。
みんなサッサと片付け。私も負けじと片付ける。
片付いたのだがバッカンは両手でないと持てない。
仕方なく、バッカンだけ先に運ぶ。
この道のりを二往復するのか。もうグロッキー状態。
そんな時、足を運んだ場所が崩れてしまった。
バランスを崩し落下。とっさに、帰り運転できるかな?と思った。
ドスン!あーぁ、やっちまった…ん?動ける⁈
落ちた場所がよかった。打ち上げられた発泡スチロールが山積みになったところに運良く落ちたのだった。
チョット一休みしよう。その内Yさんが迎えに来てくれた。竿や玉網を持ってくれた。
落下情報は機密とした。

その後ふた手に分かれて、暗くなるまで竿を出したが、Yさんに30くらいがかかっただけで終了。
最後に電気ウキを高切れで失ってしまった。

いとつりに寄って帰ることに。
さぁ検量。今週はそんなに大型は持ち込まれていない。
上位5人に入ると選抜大会に進むことができる。
聞くと、今日はまだ持ち込みがないらしい。
そりゃあの海の状態じゃね。
検量。41.7。マズマズか。
明日も波は穏やかのようだし、期待が持てる。

身体中が既に痛い。車のハンドルを握っても痛い。
そんな身体にムチ打って、無事自宅到着。
魚を三枚におろしてから就寝。泥のように眠り込んだ。

翌朝、9時起床。身体中が筋肉痛だ。
午前中に後片づけを終わらせる。
あとは釣果情報とニラメッコ。だんだん順位が下がってくる。
波はないのに釣れているようだ。ヤバイ!6位になった。
あとは上位でエントリーしていない人がいれば繰り上げ当選。

月曜の夜に確定した。結果は6位。
みんなエントリーしてたのね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 15日釣行④ | トップ | 次回釣行予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。