■[医療関連の話題と初老爺Jazz紀行]第Ⅱ章

不条理な社会だけど、時々は肩の力を抜いて・・・日常生活に、お好きな音楽をっ!。

特編[特集 知っていますか? 大豆のチカラ Life 11月号]

2016-11-07 09:08:09 | 医療関連の話題
                    お早うございます。


■冬に向けての体作りに[大豆のチカラ]

* class A 薬局の健康情報紙 ライフ11月号から転載/構成しました。


□[冬に向けての体作りに・・・]

 実り多い今の時期、様々な農産物が旬を迎えています。古くから食べられてきた大豆もその一つです。

 大豆の語源は「大いなる豆」と言われています。おそらく昔の人は大豆の持つチカラを知っていたのでしょう。
 
 本格的な冬の到来に向けての体作りに大豆を役立ててはいかがでしょうか。



□[大豆の栄養丸わかり]


 大豆のチカラの源は栄養の豊富さにあります。知れば知るほど納得。大豆の凄さが分かります。



[たんぱく質]


 「畑の肉」と呼ばれる良質なたんぱく質



 筋肉や内臓などの構成成分であるタンパク質が、100g中に約35gと農産物の中でもトップクラス。しかも、たんぱく質を構成するアミノ酸のうち、体内で合成出来ない必須アミノ酸のバランスを示すアミノ酸スコアも高く、肉にも劣らぬ良質のタンパク質を豊富に持つことから大豆は「畑の肉」と呼ばれています。


[脂質]


 コレステロール値を下げる働きをする不飽和脂肪酸

 大豆には100g中に約19gの脂質が含まれています。大豆の脂質の特徴は、その多くが肉などの脂質と違って、血液中のコレステロール値を下げる不飽和脂肪酸であること、中でも、悪玉コロステロールを増やす働きをするリノール酸がその半分以上を占めます。


[糖質]

 お腹の調子を整える大豆オリゴ糖



 大豆には糖質の一種、オリゴ糖が含まれています。大豆オリゴ糖は消化分解されることなく、そのまま大腸に生き着きます。そこで善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やし、お腹の調子を整えます。

 甘さ度が砂糖の約70%もあり、低カロリーであることも大豆オリゴ糖の特徴です。



脳を活性化するレシチン

 大豆に含まれる脂質で、最近特に注目されているのがレシチンです。

 生体膜の重要な成分で、血中コレステロールを肝臓に運び、体外への排泄を促します。また最近、脳の情報伝達や記憶に欠かせない物質であることも分ってきて、認知症に対する予防への応用が検討されています。


* 明日は、[その他の栄養]👉ビタミンビタミンB群・食物繊維・大豆サポニン・ミネラル等を予定しています。


     ☆☆               ☆☆                ☆☆


■[時々更新/初老爺のジャズ紀行と医療関連の話題](第Ⅰ章)は、

      コチラ ☆☆☆ からご訪問を頂けます。

 本日の記事は、■[循環器病の話(R) 👉 合併症の食事療法]vol.4 となっております。

 覗いて頂ければ嬉しい限りです。  お待ちを致しております。

     ☆☆               ☆☆               ☆☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特編[「血糖値がちょっと高目... | トップ | [特集 知っていますか? 大... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。