■[時々更新/医療関連の話題と初老爺Jazz紀行]第Ⅱ章

不条理な社会だけど、時々は肩の力を抜いて、耳を傾けるのも乙なものと思うのですが、・・・日常生活に、好きな音楽をっ!。

■[血圧/血管(路)の話(vol.11) 👉 小児心臓病の話(5)]

2016-10-18 06:27:36 | 医療関連の話題
                 お早うございます。



     ■[心臓奇形は、どんなタイプが・・・](3)


□ 赤ちゃんの間に重症になる心臓奇形の一つとして「総肺静脈還流異常症」という、肺静脈が左心房に繋がらないで右心房に繋がっている奇形があります。

 これらは何れも重症の心臓奇形です。


 先天性心奇形のもう一つの重要な病気は、左右の心室の片一方が非常に小さくなっていて、実質的には心室が一つしかない状態になっている「単心室症」です。


 房室間の弁が完全に閉じた「憎帽弁閉鎖圧」、「三尖閉鎖症」のような病気も機能的には単心室とほぼ同じことになります。


 こうした病気は心臓奇形の中で最も重症で、昔は殆ど手の施しようがなかったのですが、1971年にフランスのフォンタン氏が特殊な手術法を発表して以来、手術ができるようになりました。この手術法については、後に詳しく書きます。


 他にも、冠動脈の奇形など、いろいろな心臓奇形がありますが、何れも比較的には稀ですので、ここでは省略させて頂きます。



■[どんな治療(手術)をするのだろう・・・](1)


 こうした子どもの心臓病の治療法は、チアノーゼがきつい場合には酸素吸入をしたり、心不全のときは心臓がよりいっそう、働いてくれるような強心剤を用いたり、更に特殊な薬剤でチアノーゼの発作を抑えたりする方法などがあります。

 しかし、何れも対症療法にすぎません。奇形ですので本質的な治療は外科手術をして治すことになります。

 外科手術で、正常な心臓の状態にできる単純な奇形もあれば、どうしても正常な形にもっていけない複雑な場合もあります。

 正常な状態へ持っていくとしても、一度では出来ず何回かの手術によってそこへ到達できるような場合もあります。


 一般に正常な心臓の形にする手術のことを「根治手術」と呼び、段階的に正常な状態へ持って行くための最初の手術や、一時的に症状を軽くする、言わばその場凌ぎの手術は「姑息手術」と呼ばれています。



     ☆☆               ☆☆               ☆☆



■[時々更新/初老爺ジャズ紀行と医療関連の話題](第Ⅰ章)は、

     コチラ ☆☆☆ からご訪問を頂けます。


 本日の記事は、[特編 : 腎臓/尿管(路)結石 👉 膀胱炎について]⇒[膀胱炎って、どんな病気?](7)です。


 覗いて頂ければ嬉しい限りです。     お待ちを致しております。  


     ☆☆               ☆☆               ☆☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■[血圧/血管(路)の話(vol.10)... | トップ | ■[血圧/血管の話(vol.12) 👉 ... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マダム・グラハン・洋K)
2016-10-18 08:33:17
新潟のお友達のフェイス・ブック、嬉しさ一杯。
やる気一杯
快い疲労感が伝わってきました。
こんにちは! (爺爺Masahi)
2016-10-18 12:48:53
こんにちは、です。

本当に、新潟県民の賢明な判断が呼んだ勝利でした。

ドクター米山が、全ての退路を断って知事選出馬を決めた時は、既に敗北覚悟の決意でした。

泉田善知事が「断腸の思い」で、再出馬断念を決めたのもアベ政権と原子力ムラ一体となっての泉田降しの強風があったからで、反原発・脱原発の側にとっても、頼るのは新潟県民の判断でしかありませんでしたが、選挙戦終盤には猛追の構図が見えてきました。

 もしかしたら「巨悪に勝てるのではないか」と希望が見えたのは、新潟市民連合との共闘が実現し、野党各党に連合新潟(上層部・電力総連)に遠慮して野党相乗りに消極的だった蓮舫民進党が野田の邪魔立てを排除して、新潟入りを果たした時でした。それとマスコミでは殆ど取り上げられなかった田中角栄の愛弟子である、小沢一郎が政治生命を賭けて野党共闘の音頭取りを買って出た事です。より広範な「脱・反原発」の実現しました。

 アベは、息吐くように「嘘」を国会で云いました。彼らの常套句「民意を尊重する」との嘘を真実に変えるのには、とつもなく高いハードルがありますが、今後新潟県民と共に米村を支えて行くためにも、より新潟市民連合との共闘に力を注いで行きたいと考えている處です。

コメントを有難うございました。

洋Kさんのフエィスブック・フレンドさんに「おめでとう」と伝えてもらえれば幸いです。

では、また
Unknown (マダム・グラハン・洋K)
2016-10-18 12:55:23
あべさんはそのほかに「丁寧に説明する」とも、よく使われますね。

雪虫が舞う季節でなくてよかったわ。
友人に伝えます

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。