横井克俊のブログ

2008-09-17~

GDPの三面等価

2017-03-15 23:56:32 | 政治経済

柴田章久・宇南山卓『マクロ経済学の第一歩』[2013]p第2章のEXERCISE(pp37-8)。門外漢だが良書の予感。

 

問題2:ある国Xでは、企業Aだけが生産活動をしています。その企業Aが商品を100万円分生産し、従業員に給料として60万円、株主に配当を40万円支払いました。しかし、企業Aの商品は予想外に売れずに80万円分しか売れませんでした。売れ残った商品は、そのまま会社の倉庫に保管されました。このとき、生産面・分配面・支出面のGDPがどのようになるか述べなさい。

解答:参照pp27-32 ※公式解答例

(1)〔生産面のGDP=付加価値=売上合計−原材料投入〕となる。X国ではAのほかに生産活動をしている者がいないので、Aの生産分はすべて付加価値となるので、X国の生産面のGDP=100万円。

(2)〔生産面のGDP→家計所得(賃金総額+利子配当)+企業所得(内部留保)=分配面のGDP〕となる。X国の生産面のGDP=100万円だった。このうち60万円が賃金総額として労働市場へ分配され、うち40万円が配当として資本市場へ配分された。内部留保は0円。

(3)〔家計所得→消費+貯蓄〕〔貯蓄→貸出→企業投資〕〔企業所得(内部留保)→企業投資〕となる。

(4)結局、〔家計所得+企業所得→消費財の購入+投資財の購入=支出面のGDP〕となる。X国の家計所得100万円のうち、80万円が財市場で商品の購入に消費され、残り20万円が在庫投資となった。

 

問題3:XさんとYさんは近所に住む専業主婦で、それぞれの家には子供がいます。ある日から、XさんはYさんの子供を、YさんはXさんの子供を世話することにしました。子供の世話をしてもらう代わりに、XさんはYさんのに、YさんはXさんに10万円を支払うことになります。このとき、GDPがどのように変化するか述べなさい。

解答:参照pp32-3 ※公式解答例

家計内で生産される「家事サービス」は、その付加価値を計測することが難しい。そのため、GDPでは家事サービスの付加価値を除外している。

XさんとYさんが自分の子供を各自で世話していたとき、仮にそれが各10万円の価値があったとしてもGDPにはカウントされない(0円)。ところが、各自が10万円の対価を得て相手の子供を世話するようになると、「実際に生産された家事サービス(子供2人の世話)」は変わらないにもかかわらず、それが財市場に登場した分(生産額20万円)だけGDPが増える。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公務員集団が認めたものが法... | トップ | 交通事故診療と社会保険 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。