山崎洋子の冬桃ブログ

日常雑記です。

至福の中華料理

2017年07月11日 | 雑記
 楽しんで学ばせていただいた
中華街まちなかキャンパス最終回。

 菜香グループを率いる経営者であり
中華街まちづくりの中心でもある
曽徳深さんが今回の講師。

 「横浜中華街と中華料理」という講義を
とても詳しいレジメをもとに話してくださった。

 講義のあとは、お待ちかね、
菜香新館での特別料理。
 ここでも、食事をいただきながら
「食べ放題店」の実態などの
興味深い話を伺わせていただいた。

 2005年、NHK教育テレビの「知るを楽しむ」
という番組で横浜中華街を特集した。
 その時、私は「ナビゲーター」という役割で出演。
 明治35年、横浜税関長を清國大使が接待した際の料理を
曽さんの店「珠江飯店」で再現。
 それを番組の中で曽さんと一緒にいただいたことがある。
 懐かしい思い出だ。

曽徳深さん



菜香新館



 おいしいお料理いろいろ。











 ありがとうございました。
 中華街の魅力を再発見した夏でした。

この日、一緒に講座を受けた友人たちと。



 




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続いて季刊誌横濱・夏号「大... | トップ | 2日連続 幕末へタイムトリップ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいなぁ~ (酔華)
2017-07-11 23:57:46
行けなくて残念です。
「食べ放題店」の実態などのお話を聞きたかったです。
料理も食べてみたかった…
残念です。
食べ放題 (冬桃)
2017-07-12 08:42:53
酔華さん
 この次、お目にかかるとき、曽さんの
「食べ放題体験」レポートをお持ちしますね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む