山崎洋子の冬桃ブログ

日常雑記です。

映画「草原の実験」

2017年06月22日 | 雑記
 テレビ放映されたものを、内容もわからないまま
なんとなく録画しておいた。
 そして、今日、観たのだが……。




 いやあ、素晴らしかった!

 不思議なタイトルでしょ?
 「草原の実験」なんて。

 なにしろ台詞がいっさいないので、
なにがどう進行していくのかわからない。
 舞台は広大な草原。
 ずっとまえに行ったモンゴルも、
こんなだったなあ。

 モンゴルの相撲取りみたいな風貌の父と
十代半ばか後半くらいの少女が、
そこにぽつんとある素朴な家で暮らしている。

 父はドラックで、どこかへ仕事に出かけていく。
 彼は、飛行機を操縦させてもらって大喜び
……というシーンが冒頭に出てくるのだが、
観ている方は意味がわからない。
 音楽、風や雨の音、エンジン音、
ラクダのいななきなどはあるが、
人間の台詞はまったくないので。

 わからなくてもいい。
 それをカーテンの陰から
そっと見守る娘の美しさに、
一瞬で魅了される。
 知的でミステリアス。
 表情豊かではないのだが、それだけに
僅かに目や口元が変化すると
思わず見入ってしまう。

 二人の若い男が彼女に恋をする。
 野生の獣が雌を巡って戦うように
二人は決闘じみた取っ組み合いをする。
 
 「喧嘩をやめて! 二人を止めて♪」
 なんて、歌が昔、あったっけね。

 彼女はそんなこと言わない。
 獣の雌がそうであるように、表情も変えない。
 こんな人里離れたところで暮らしていても
自分の魅力をよく知っている。

 まあ、これ以上は言えない。
 途中で、「実験」の意味がだんだんわかってくる。
 映画の舞台はカザフスタン。
 実際にあった「実験」をモチーフにしている。

 どの場面も美しく素朴なだけに
ラストの衝撃は大きい。
 数々の賞を獲ったロシア映画だが
恥ずかしいことに、私は知らなかった。
 いろんな意味でお勧めである。

 主役の少女は、韓国とロシアの
ハーフだそうだ。
 



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スプーンを曲げちゃった! | トップ | 蝶の誕生 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画 (酔華)
2017-06-23 07:19:27
ツタヤにあるのかな。
あったら借りてきます。
なんだか気になるから・・・
Unknown (冬桃)
2017-06-23 08:24:38
酔華さん
観る価値は充分あちますよ。
この問題をこういう描き方で見せる
というのも新しいです。
観ました。 (えるだーおばば)
2017-06-25 15:38:42
こんにちは。
おばばも半年ほど前かな?記憶があいまいになりますが、ツタヤで借りてみました。
アジア映画が大好きなおばばは、特に中央アジアの映画は滅多に最近来ないので、小躍りして借りました。

セリフのないのが詩情を感じさせ、想像を膨らませることが出来、おばばは、好きでした。
ラストは衝撃でしたね、実話なんですね?
恐いですね。
あの家の傍に立っていた、葉っぱの少ない一本の木が印象的でした。
Unknown (冬桃)
2017-06-25 22:29:58
えるだーおばばさん
 そうなんです。中央アジアの草原を
舞台にしたものって、私も記憶にあるのは
数えるほど。
 これは質の高い映画でしたねえ。
 私達の国も、別の形でこれを経験したのだと
しみじみ考えずにはいられませんでした。
 美しい娘とは似ても似つかぬ父親も
なんだかミステリアスでしたねえ(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む