冬桃ブログ

日常雑記です。

人形セラピー

2010年03月19日 | 雑記
 先日、マネキンを作る会社の方とお目にかかった。
 その方が、「これは認知症の人のセラピーにいいらしいんです」と言って、
赤ちゃん人形を送ってくださった。
 
 もちろんほんとの赤ちゃんより小さくて軽いのだが、ふっくらした顔といい、
ぎゅっと握った手といい、本物そっくり!
 うちの猫も私も、はまってしまいそうだった。

 今日、それを施設に入っている母のところへ持っていった。
 効果てきめん! 最近は何を言っても「そうね」としか答えない母が、なんと、
人形に向かってしきりに話しかけている。

「いい子だねえ」
「あんよも可愛いねえ」
「男の子? 女の子?」

 いつもは私が、「じゃあ、お母さん、帰るからね」と言うと、「やだやだやだ!」
と駄々をこねるのに、今日は人形と話すことに気を取られ、私の方なんか見もしない。

 人が生きていくためにはやはり、「愛しく思う」なにかが必要なのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出雲の旅 続き | トップ | 本日は句会 »
最近の画像もっと見る

雑記」カテゴリの最新記事