横浜 藤田農園 ~人と地球にやさしい野菜づくり~

横浜港北区高田町で50種類ほどに野菜を育てています。藤田農園で一緒に野菜づくり、新鮮・安心なお野菜を楽しみませんか。

5月20日農業体験 さつまいもの苗植えと玉ねぎの収穫

2017-05-20 18:05:30 | 農業体験プログラム

上半期農業体験の第1回、天気はばっちり、5月にしてはかなり暑い日、40名ほどにご参加いただき、さつまいもの苗植えと玉ねぎの収穫を行いました。

まずはさつまいもの苗植え。畑が黒いビニールで覆われているのを見たことありませんか。これは保湿、保温、雑草抑え、防虫など様々な効果をもたらしてくれるマルチと言われるものです。苗を植える畝を作り、マルチをはるのは人力でやると大変なのですが、機械でやればあっという間。さつまいもの場合は、普通より高く畝を作る必要があります。

さて、マルチの穴に苗を植えていくのですが、あれ、この苗は根っこがない!これを植えるの?実はよーく見ると葉の付け根部分に白い根がちょっと出ています(写真は見えませんが・・)。これを地中に埋めると芋ができてくるんです。みんなで300本以上の苗を植えました。芋ほりができるのは、10月下旬から11月上旬です。秋が楽しみ!

 

芋畑のお隣は小麦畑。この小麦は11月に種まきし、1月、2月に数度麦踏みをしました。冬を越してこんなに立派に成長。麦穂が美しい。これからもっと黄色くなって黄金色の畑に!収穫は6月です。そしてその際には壮絶なカラスとの戦いが待っているのですが・・一方で梅雨にはいって雨が降ると収穫ができない・・タイミングをはかるのに毎年苦労しています。

続いてはタマネギの収穫です。普段スーパーで見る茶色い外皮のタマネギは、収穫後干され、表皮を乾燥させ保存性を高めて出荷されたもの。畑で採りたてのタマネギは水分が多く、マイルドな辛味の新玉ねぎです。サラダでそのままいけます。どれが大きいかな・・お子さんでもスポッとぬけて、みんな大喜び、お土産になりました。

収穫の後はお待ちかねのお食事タイム。今日も藤田農園野菜をたっぷり使った藤田農園ゆみこさんお手製のお料理が並びます。

本日のメニューは、藤田農園の小麦から作った小麦粉ゆめしほうを使ったお好み焼きとブドウパン、大根のお味噌汁です。お好み焼にはキャベツがどっさり!みんなどんどん食べるので、お好み焼きを焼くのが間に合わないーー

子どもたちももりもり食べていました。また撮影するのを忘れてしまいました・・もうほとんどない・・

※9月までの上半期農業体験プログラムは、各回定員を超えましたのでお申込を締め切らせていただきました。今後の農業体験にご関心の方はホームページからメールマガジンを登録してください。ホームページはこちら

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 畑は日々変化中・・ズッキー... | トップ | 藤田農園の野菜たち(6月) ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。