横浜 藤田農園 ~人と地球にやさしい野菜づくり~

横浜港北区高田町で50種類ほどに野菜を育てています。藤田農園で一緒に野菜づくり、新鮮・安心なお野菜を楽しみませんか。

6月10日農業体験 夏野菜畑ツアー、にんにくとズッキーニの収穫

2017-06-10 18:40:13 | 農業体験プログラム

最高気温32度・・暑くなりましたが、みんな元気に土いじり。おっと、横を見るとひたすら虫を探す男の子・・畑はいろいろな発見がいっぱいです。

今日はみんなでにんにくの収穫。今年はよくできました。かなり力を入れないとぬけないー子どもたちがしりもちをつきながら、ぬいていきます。大きいのがいっぱいとれました。これからつるして乾燥させるのですが、とりたてにんにくは貴重!収穫したにんにくは1家族1つお持ち帰りになりました。

 

畑ツアーでは、今成長中の夏野菜をいろいろ観察。ハウスのトマトは上の方に黄色い花が咲き、下の方は実が赤くなってきています。子どもたちの背をはるかに越したトマトは地中の根もそのぐらいの長さがあるという説明にびっくり。あまり水をやらずに我慢させて、おいしいトマトになります。

キュウリも花が咲いて、できてきています。キュウリのおしりには花のあとが・・こんなふうにできるんだね。

とうもろこしもだいぶ背が高くなり、花が咲いています。茎をゆらすと受粉しやすくなるということで、子どもたちもとうもろこしの間の通路でゆさゆさとゆすります。とうもろこし楽しみです!!

藤田農園の夏の看板商品の一つ、ズッキーニ。立派にできています。本来は蜂が受粉を手伝うのですが、一つの花の奥にじっとしてしまったりで、あまり当てにならないということで、藤田さんたちが毎朝手で受粉作業を行っています。スーパーで見るズッキーニとは大きさが違うのが藤田農園ズッキーニ!大きくてもとてもおいしいんです。どれがいいかなあ・・収穫したズッキーニはお土産になりました。

藤田農園で11月に種まきした小麦は順調に成長し、今年は梅雨が本格化する前に、カラスに食べられる前に、無事に収穫することができました。コンバインで収穫した小麦は大きな袋にいれて、10月頃まで乾燥させます。藤田さんが手にもっているのは麦わら、英語でstraw、中が空洞になっていて、ストローになるんです。みんなで麦わらでお茶が飲めるかな、とやってみました。大成功!

農作業のあとはお待ちかねのお食事。今日は豆ごはんのおにぎり、ぶどうパンとトマトとキュウリの丸かじり。豆、小麦、トマト、キュウリはもちろん藤田農園でとれたもの。特にトマトの丸かじりは子供たちに大人気。いくつも食べていました。こんな丸ごとトマトをたくさん食べられる機会なんて、めったにないですもの・・大人だって夢中でほうばります。特別においしかったです。

※9月までの上半期農業体験プログラムは、各回定員を超えましたのでお申込を締め切らせていただきました。今後の農業体験にご関心の方はホームページからメールマガジンを登録してください。ホームページはこちら

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよ夏野菜本番! | トップ | 芋ほりグループ体験ご相談受... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。