横浜の山の中から

横浜の丘と川のはざ間で徒然なるままに

産経新聞は突っ込みどころ満載 ~メディアに物申すその36~

2017年07月09日 | メディアに物申す

「自民党延命工作隊メディア支部2」、「民進党の監視者」の異名を持つ(私が名付け親です)産経新聞の記事は突っ込みどころが沢山あり、ブログのネタが尽きません。実にありがたい。

 

77日の電子版に『「安倍やめろ」のコールをしたのは誰?“場外戦”に発展も 秋葉原演説』という記事が出ていました。

 

一部を引用します。全体の内容はだいたいこんなものです。

---------------------------

71日に)安倍晋三首相が東京・秋葉原で東京都議選の街頭演説を行った際、「辞めろ」などと罵声を浴びせた集団に、在日外国人に対する差別に極端な反対運動をすることで知られる「対レイシスト行動集団」(旧レイシストをしばき隊)のメンバーがいた。

---------------------------

 

わたしゃ、この記事の内容はどうでも良いのです。興味のあるのは自民党の支持者の方。

昔、渋谷ハチ公前交差点横で自民党幹部(誰かは忘れた)の街頭演説会(都議選では無かったと思う)の準備しているところに出くわした。集まっていた群衆の中に30人くらいのスーツを着た集団がいました。私は学生かなと思ったが、普通の学生と何か雰囲気が違う。自民党にこんな若い党員がいるのも不思議なので、自民党を支持しそうな学長のいる大学の学生が動員されたのかなと推測しました。若いのに自民党支持者とは希少価値がある。そういう人たちの身分を聞きたいところですが、急いでいたし自民党の某幹部の演説には興味が無かったので聞きそこなった。

 

私は71日の秋葉原駅前の演説会にいなかったので、集まった自民党を支持する集団がどのような人たちで構成されていたのか興味があります。私の経験したような変な感じのする学生集団もいたのでしょうか。「辞めろ」と言っていた集団を幟で見えないようにしていた人たちはどこから動員されたのか興味ある。あるいは、噂の「日本会議」の連中もいたのか、動員された学生や宗教法人の人たちもいたのか、自民党の支持者の分析を産経新聞に是非やって欲しかった。産経新聞なら、自民党の広報に聞けばすぐに教えてくれるでしょ。

 

2017.07.09


自民党延命工作隊メディア支部」を「自民党延命工作隊メディア支部2」に変更しました。 2017.07.11


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディープな自民党支持者は失... | トップ | 京都事情その45 ~京都の猪~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。