「横浜ザル」の株式投資独り言

株式投資等で資産形成を目指し、ゴールは超億万長者!?
経済動向や日経平均の将来分析、投資銘柄のメモや雑感を綴ります。

リフレ派、日銀政策批判して声届く!?

2016-10-13 23:58:40 | マ-ケット

         
日銀が先月の金融政策決定会合で、金融政策の枠組みを、銀行などに流す
お金の「量」を重視する政策から、「金利」を重視する政策に転換した事に対し
「量」拡大を主張してきた「リフレ派」エコノミストから批判の声があがっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161012-00000094-mai-bus_all

批判の矛先は、リフレ派にも関わらず政策転換に賛成した日銀政策委員会
メンバーにも向かっており、今後の政策運営にも影響を与えそうです。

「デフレ脱却のため、2%の物価上昇目標を目指すのがリフレ派だ。やり方は
色んな議論がある」。12日、長野県松本市での記者会見。日銀政策委員の
中でリフレ派の代表格とされる、原田泰審議委員はこう強調し、政策変更に
理解を求めた。


新たな枠組みで物価上昇率が安定的に2%に達するまで金融緩和を継続す
ると明言している以上、日銀は次回会合で追加緩和を行う必要があり、
それが出来ないと、デフレの足音が聞こえてきそうです。

さて、日経平均は続落し、65円安の16774円の大引けでした。
(出来高 概算16.5億株の商いでした。)

今朝方のNY市場、FOMC議事録を受けて12月利上げ観測が強まる中、
企業業績が悪くなく、小幅上昇。為替が104円台と、日経平均は、買い先行で
始まった。自動車業界の再編など、一時130円超上昇する場面もあった。

中国の弱い経済指標の発表で、先物主導の売り仕掛けが入り、マイナス圏
での推移となり、円相場も103円台と円高にシフトし、続落で終了。

日経平均の続落で、ボリンジャーバンド+1σと25日線レンジとあり、この水準
を維持できるか、踏ん張り所です。

注目のNY市場、中国の低調な貿易統計などを嫌気して反落してスタート。
終了時どこまで戻すかポイントです。

明日の日経平均、下ひげをつけて陽線引けとなるか注目されます。


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トヨタとスズキ、業務提携っ... | トップ | コロワイド、コロっとバーガ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL