「横浜ザル」の株式投資独り言

株式投資等で資産形成を目指し、ゴールは超億万長者!?
経済動向や日経平均の将来分析、投資銘柄のメモや雑感を綴ります。

トヨタとスズキ、業務提携って本当!?

2016-10-12 23:58:16 | 企業を斬る

         
トヨタ自動車とスズキは12日、業務提携の検討開始で合意したと発表
した。自動運転をはじめとした安全技術や環境、ITなどの分野で連携。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161012-00000080-jij-bus_all

先進技術の開発に課題を抱えるスズキと提携先自動車メーカー広げて
業界の技術革新を主導したいトヨタの思惑が合致しました。

今後の普及が期待される自動運転や次世代エコカー等に関する先端
技術開発はコスト負担が大きく、自動車各社は、他社と連携する動きを
加速させている。

提携戦略で出遅れていたスズキがトヨタと協力に踏み出すことで、国内
自動車業界はトヨタ、日産、ホンダの3陣営に集約される事になります。

東京都内で記者会見の鈴木修スズキ会長は、「独立した企業として経営
していく事に変わりない」としながら、自動車業界で激化する技術競争
を踏まえ「伝統的な技術を磨くだけでは将来が危うい」と危機感を表明。

豊田章男トヨタ社長は「環境が激変する中、生き抜くために必要なのは
変化に対応する力だ」と語り、スズキとの提携の意義を強調しました。


トヨタはスズキに、すぐマネできない安全技術や環境技術を供与する代
わりに、スズキが50%近いシェアを持つインド市場を開拓できるので
相互補完で、双方メリットありと提携の道をチョイスしたのでしょう。
将来、トヨタは、スズキを傘下に収める時が来るかもしれません。

さて、日経平均は反落し、184円安の16840円の大引けでした。
(出来高 概算17.1億株の商いでした。)

今朝方のNY市場、アルコアの決算が予想を下回り、他企業決算への懸念
から下落。その流れで東京市場は下落スタートすると、戻りも弱く、1日で
17000円台を降りた格好。

日経平均の反落で、前日の上昇部分を掃き出し、5日線を下回って取引を
終了。ボリンジャーバンドは、25日線と+1σ間にあり、調整模様です。
この辺りを値固めにしたいところ。

注目のNY市場、米企業の決算シーズンが本格化する中、業績好調な企業
も多く、終了時にプラス引を暗示しています。

明日の日経平均、早速の反発となるか、注目されます。


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日銀「長期金利誘導は困難」... | トップ | リフレ派、日銀政策批判して... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL