「横浜ザル」の株式投資独り言

株式投資等で資産形成を目指し、ゴールは超億万長者!?
経済動向や日経平均の将来分析、投資銘柄のメモや雑感を綴ります。

今、バブル超えの景気回復って本当!?

2017-06-15 23:58:51 | マ-ケット

    
今日、内閣府は、現在の景気拡大が戦後3番目の長さに達したことを確認。

第2次安倍内閣が発足した2012年12月から今年4月迄の景気拡大局面は
53か月(4年5か月)に達し、「バブル景気」(1986年12月~91年
2月)の51か月(4年3か月)を抜いた。ただ、過去に比べて賃金や消費の
伸びは緩やかで、「実感なき景気回復」と言えそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00050099-yom-bus_all

経済学者やエコノミストなどの有識者でつくる「景気動向指数研究会」(座長=
吉川洋・立正大教授)が、この会合で、景気拡大が続いている可能性が高いと
の認識で一致。内閣府は、同研究会に景気の拡大と後退の判断を委ねている。

今回の会合で焦点となったのは、14年4月の消費増税で個人消費が落ち込み、
一時的景気全体が後退したかどうかだった。吉川座長は記者会見で「経済活動
の収縮は広く波及しなかった」と述べ、後退はしなかったとの判断を示した。


景気拡大が続いている実感は、あまりないが、細く長く、賃金や消費の伸びて
緩やかでも、継続すれば、投資マインドも明るくなります。

さて、日経平均は4日続落し、51円安の19831円の大引けでした。
(出来高 概算18.8億株の薄商いでした。)

今朝方のNY市場、想定通りのFOMCでダウは底堅かったものの、ナスは
ハイテク株の戻りが続かなかった事で、日経平均は下落スタート。その後、
上昇する場面もあったが、不安定な展開で、終了時、小幅下落となった。

日経平均は続落したが、引き続き25日線辺りにあり、ボリンジャーバンド
25日線~+1σレンジにあり、FOMC通過後の円安に期待。

注目のNY市場、高値警戒感が広がる中、ハイテク銘柄を中心に調整的な
売りが出て反落してスタート。利上げが決まり、ドル高/円安の反応があり、
明日の日経平均の下支えになりそうです。

明日の日経平均、円安傾向が続く様なら、反発してもOKです・・・。


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東芝メモリ、「日米韓」2兆... | トップ | 日銀、量的・質的金融緩和の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マ-ケット」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL