「横浜ザル」の株式投資独り言

株式投資等で資産形成を目指し、ゴールは超億万長者!?
経済動向や日経平均の将来分析、投資銘柄のメモや雑感を綴ります。

下値追いに大胆な日経平均、日銀しっかりせい!?

2010-07-16 17:42:13 | マ-ケット

          
横浜あたりは、梅雨明けを思わせるような暑さになってますが、3連休前の日本
市場は、梅雨よりひどい土砂降りで、円高シフトで「泣きっ面にハチ」状態。
これは、NY市場から置いてきぼりで、困ったもんです。

日銀の金融政策運営に、先見性があるのかと、疑問符をつけたい。

今日、日銀は、7月の金融経済月報を公表し、その中で、「低金利の緩和効果は尚
減殺されている面があるが、効果は強まりつつある。」と
指摘しました。

また、先行き国内企業物価について、国際商品市況反落の影響が続き、当面弱含
みでで推移する、としています。先行きの生産は、増加ペースが、次第に緩やかに
なるが、増加基調は続くとの予想です。
          http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100716-00000244-reu-bus_all

低金利の緩和効果は尚減殺されている面があるが、効果は強まりつつある。との
文言・認識は、実態とかけ離れ、金融緩和を通じた円安誘導にならず、円高となって
いる状態では、さらに資金を市場に供給しないといけないサインのはず。

政府の財政政策と併せ、日銀金融政策も、リップサービスでも良いから、企業収益
向上になる適正な円安となる行動がほしい。

さて、日経平均は、続落し277円安の9408円の大引けでした。
(出来高 概算17.3億株の商いでした。)

ザラ場ドル円が一時87円割れし、為替でも仕掛けを見せ、株式市場は先物主導で
下げすぎを演出しました。本家の米が米景気後退懸念の中、下げ渋っているのに、
小心者の日本市場に追いやっているのは、外資なのでしょうか?

日経平均は大幅続落して、25日移動平均線(約9671円)やSQ値(9636円)を
下抜き、下値支持線として機能したいた5日移動平均線(約9594円)をも割り込む
結果になっています。後場からは3連休前の投げ売り、バーゲン商状
です。
3連休明け、為替の若干戻りがあれば、欧米市場の多少の下げも織り込み済みで、
今日の下げが、ダマシの反発の展開に期待したいところ。

週末のNY市場、どんな展開となるのか、7/20に為替が89円前後になるような
ストーリーになればと、注目しています。

ブロガー、読者の皆さん、冴えない3連休前ですが、良い連休を  

  ☆各1クリック、応援の協力を お願いします。☆  
      

   株式投資ランキング

『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日銀 金融政策決定会合でGD... | トップ | 「つばさ」がほしい株式市場!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL