「横浜ザル」の株式投資独り言

株式投資等で資産形成を目指し、ゴールは超億万長者!?
経済動向や日経平均の将来分析、投資銘柄のメモや雑感を綴ります。

JA全農の改革は、既得権の農協が反対!?

2016-11-25 23:57:37 | 政治に物申す

      
自民党の小泉進次郎議員が目指した抜本的なJA全農の改革は先送りと
なった。小泉氏に対して厳しい指摘も出るなか、小泉氏は何を語ったので
しょうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161125-00000087-jnn-pol

25日に了承された自民党の農協改革案。数値目標が入った事業見直しの
1年ごとの報告を、JA全農自らが作ることなどが柱ですが、小泉進次郎氏が
目指していた抜本的な改革は先送りとなりました。

「改革と利害調整のはざまの中で、どうバランスをとるべきか正直苦しんだ」
(自民党 小泉進次郎 農林部会長)

きっかけは、政府の規制改革推進会議が提言した改革案でした。「1年以内
の組織縮小」などを求めるもので、改革が進まなければ、国が「第2全農」を
設立するといった急進的な内容に、農林族議員やJA関係者が猛反発した。

この改革案に理解を示していた小泉氏は、苦しい立場に追い込まれました。

「今まで積み上げてきたものが、もしかしたら振り出しに戻るかもしれない。
そのギリギリのところまで、かなり紛糾したことは事実です」(自民党 小泉
進次郎 農林部会長)

小泉氏は、24日夜まで断続的に農林族議員やJA関係者と非公式な会合を
開催。結局、改革に期限を設けることなどは見送られ、農林族議員のペース
で改革案はとりまとめられたのです。

小泉氏に対し、関係者は厳しい見方を示します。
「最初は勢いあったが、最後は失速したね。ベテラン農林族議員がワーワー
言っている中で、彼はひと言も発しなかったよ」(政府関係者)

改革は失速したのか。小泉氏はこう答えます。

Q.改革が失速したという指摘もあるが?
A.「全ての評価は受け止めます。今まで登ることのなかった山に踏み入れた。
  ひと言で振り返ると“負けて勝つ”かな」(自民党 小泉 農林部会長)

JA全農改革の進捗状況を厳しくチェックしていく考えの小泉氏。捲土重来の
日はくるのでしょうか。


仮に、農協等が、農家から農作物を全部買い取り、卸業者に販売する事を決め
ると、リスクを負っての営業となり、農協組織の活性化につながります。ただ
既得権を享受している農協は、「農業改革でなく、農協改革だ。」と言って、
反対する姿勢が見えます。今後、小泉 氏がどの様にメスを入れるのか注目です。

さて、日経平均は7日続伸し、47円高の18381円大引けでした。
(出来高 概算24.9億株の商ないでした。)

今朝方のNY市場が、感謝祭の祝日で休場の中、為替市場ではドル/円が
やや円安113円台に乗せる事で、輸出関連を中心に買い優勢の展開でした。

日経平均は、1/4以来の年初来高値を更新も、マイナスに転じる場面もあっ
たが、小幅上昇18300円台をキープしました。ボリンジャーバンドの上昇する
+2σを挟んでの推移で、チャートは良化しています。

注目のNY市場、感謝祭祝日の休場明けですが、年末商戦の消費拡大期待等を
背景に買い先行スタートです。ブラックフライデーから底堅い終了を期待。

来週の日経平均、為替の円安を背景に、ジリ高基調を暗示しているようです。
ブロガー/読者の皆さん、良い週末を!!


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節外れの初雪と株高コント... | トップ | 12月第1週 相場展望と予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL