「横浜ザル」の株式投資独り言

株式投資等で資産形成を目指し、ゴールは超億万長者!?
経済動向や日経平均の将来分析、投資銘柄のメモや雑感を綴ります。

東芝、また!17/3連結は暫定決算!?

2017-05-15 23:58:17 | 企業を斬る

      
今日、東芝は、17年3月期連結決算について、監査承認のない暫定的な
数値を
見通しとして発表した。米原発子会社の巨額損失の調査で、PwC
あらた監査法人
と対立が続き、監査が遅れているため。
決算を確定させ、業績を正式に示す有価証券報告書を6月末までに関東
財務局へ
提出する必要があるが、遅れが懸念される。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000062-jij-bus_all

記者会見した綱川社長は「監査法人と協調し、適切かつ早期に終わらせる
ため最善を尽くす」と語りました。

PwCから「適正」の見解を得られないまま発表した16年4~12月期に続く
異例の決算。17年3月期の純損益は原発事業の損失が響き、国内の製造
業で過去最大9500億円の赤字となった。
3月末では負債が資産を上回る5400億円の債務超過。

綱川社長は「株主、投資家に多大な迷惑と心配を掛け、深くおわびする。」と
陳謝した。


東芝独自の試算で業績見通しを公表する異例の事態は、16年4~12月期
続く2回目で、債務超過を解消できなければ、上場廃止となりますが、東芝の
株価は上場を維持し、東証2部行きを織り込む様な動きです。どんな決着と
なるのか、注目しています。

さて、日経平均は続落して、14円安の19869円の大引けでした。
(出来高 概算21.5億株の商いでした)

週末のNY市場、ダウは小幅下落も、ナスが上昇とマチマチ。為替もやや円高
にシフトし、寄り付き直後、100円超下落した。しかし、その後は好決算企業の
見直し買いも入り、下げ幅を縮小させ、下値の底堅さを示した格好。

日経平均の続落も、下ヒゲをつけての陽線引けです。また、過熱を冷まし、ボリ
ンジャーバンドは+2σは、20200円と、上値追いする下地ができています。
今週、20000円へチャレンジ事も・・・。

注目のNY市場、原油相場の急伸を好感し、反発してスタート。終了時、底堅い
相場展開になりそうである。

明日の日経平均、早速の反発に期待したい。

 
 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月第3週 相場展望と予定 | トップ | 三菱東京UFJ銀行、行名変... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL