「横浜ザル」の株式投資独り言

株式投資等で資産形成を目指し、ゴールは超億万長者!?
経済動向や日経平均の将来分析、投資銘柄のメモや雑感を綴ります。

日銀、量的・質的金融緩和の継続で、円高是正へ!?

2017-06-16 23:59:52 | マ-ケット

    
日銀は16日の金融政策決定会合で、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の
もとで短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度とする操作目標の維持
を賛成多数で決定した。
景気の総括判断を据え置く一方、海外経済と個人消費を引き上げた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000041-reut-bus_all

景気の総括判断は前回4月の会合で「緩やかな拡大に転じつつある」に上方修正し、
2008年3月以来、約9年ぶりに「拡大」との表現を盛り込んでいた。先行きも「緩や
かな拡大を続けるとみられる」に据え置いた。

一方、海外経済を「総じてみれば緩やかな成長が続いている」、個人消費を「底堅
さを増している」にそれぞれ引き上げた。これまでは海外経済が「新興国の一部に
弱さが残るものの、緩やかな成長が続いてる」、個人消費は「底堅く推移している」
としていた。


黒田総裁、2%の物価安定目標の実現を目指し、「これを安定的に持続するために
必要な時点まで、長短金利操作付き量的・質的金融緩和を継続する」方針と表明し
これで、ドル高/円安に動かない事は、おかし話で、日米金融政策決定会合通過で
トレンド転換のプロローグを意識しました。

さて、日経平均は反発し、111円高の19943円の大引けでした。
(出来高 概算22.8億株と商い増えました。)

今朝方のNY市場、想定通りのFOMC通過も、原油価格の低下やハイテク株など
軟調だった。だが、日米金融政策決定会合通過で、為替が円安に振れ、東京市場
下支えから追い風に。上昇してスタートし、後場の寄り付き直後に、節目2万円を
回復する場面もあった。結局、19900円台半ばで終了した。

日経平均の反発で、25日線辺りから上放れ、ボリンジャーバンド+1σレンジ辺り
にあり、来週以降2万円台を目指す土壌ができた格好です。

注目のNY市場、住宅関連指標など、経済指標が予定に届かず、続落スタート。
どこまで戻すか注目です。

日米金融政策決定会合通過で、ドル高/円安の反応があり、来週以降、日経平均
2万円台チャレンジになりそうです。

週末反発したので良しとしましょう。
ブロガー/読者のみなさん、良い週末を!!


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今、バブル超えの景気回復っ... | トップ | 6月第4週 相場展望と予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マ-ケット」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL