「横浜ザル」の株式投資独り言

株式投資等で資産形成を目指し、ゴールは超億万長者!?
経済動向や日経平均の将来分析、投資銘柄のメモや雑感を綴ります。

佐川急便も、個人客向け宅配を値上げ!?

2017-07-26 23:58:23 | 企業を斬る

     
今日、宅配便大手の佐川急便は、個人客向けの基本運賃を11月21日から
値上げすると発表した。対象は、縦・横・高さの3辺合計が80cm超の荷物。
2004年宅配事業に本格参入してから、基本運賃を上げるのは初めてとなる。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000050-asahi-bus_all

基本運賃は、荷物の大きさと運ぶ距離ごとに定めている。値上げにより、3辺
合計80cm超~100cmの荷物は60円、100cm超~140cmは230円、
140cm超~160cmは180円(いずれも税別)をそれぞれ上乗せする。より
大きい荷物1.1~33.3%(平均17.8%)値上げする。3辺合計80cmまで
の運賃は据え置く。

関東地方から関西地方に80cm超~100cmの荷物を送ると、今は1300円
だが、1360円になる。冷蔵・冷凍で運ぶ時の追加料金や、大型の家電や家具
の設置サービスの料金もあわせて上げる。

宅配業界では、違法な長時間労働が広がっていた最大手のヤマト運輸が、今秋、
基本運賃27年ぶりに値上げし、増収分を社員の待遇改善にあてると4月に表明。

これに対して佐川は、扱う荷物の9割以上を占めるネット通販などの法人客と運賃
の値上げ交渉を進める一方、個人客向けは値上げを見送る方針を示していた。
だが、その後に佐川でも一部の営業所で賃金の未払いが見つかり、社内調査を
始めていた。

佐川の広報担当者は「労働環境の改善が急務になり、労働力不足や荷物の
増加等の急激な環境変化も起きた」と説明している。


人手不足とそれに伴う労働単価の上昇が、社員の待遇改善に結実するなら、
宅配の値上げは、容認できる様に思います。

さて、日経平均は4日ぶりに反発し、94円高の20050円の大引けでした。
(出来高 概算17.2億株の商いでした。)

今朝方NY市場、主要企業の決算内容の好感に加え、原油相場の上昇もあり、
上昇。これを受け日経平均は、節目の2万円を回復してスタート。一時20100円
台に乗せる場面もあったが、20050円台で終了した。

日経平均は反発し、ボリンジャーバンド25日線~-1σへ上昇し、リバウンドの
芽が育っています。

注目のNY市場、FOMC前だが、一部企業の好決算や原油高を背景に反発して
スタート。終了時、高値更新するかポイントです。

明日の日経平均、2万円台の値固めから続伸の展開に期待したい。

 

各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング

『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最低賃金、過去最大の引き上... | トップ | アル、アル経営統合!アルプ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

企業を斬る」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL