The letter from YOKOHAMA

Yokohamaは未来に開けた街で、新らしいものを歓迎する進取の精神が生きている、そして、ここにしかないものがある

がんばれ・トランプ君 10

2017-06-02 05:04:48 | Weblog
 
 リビアやイラクが、あんなになったのに、あの国はどうして。うまく行ったのか、あの国とは「ニッポン」、この国である。

 第二次大戦でひどい目にあい、GHQによる旧体制の解体、今、ベイビーカーを押してワガモノ顔のママさん連中、自由と平等と個人の権利、これは、みんな、あの時にゲット、ゲットさせられた、
  そこのけそこのけ ベビーカーがとおる
  そこのけそこのけ ママチャリがとおる

 ひどいことになっている、だから、これだけだったら戦後日本の発展は無かっただろう、
 「どうして世界3位の経済国になれたのかな」
 「それは」
 「なんだい」
 「天皇制があったからだ」
 とんでもない意見だ、
 「国の中心に 権威のシステムを死守した これだけは譲らなかったのだ それで バラバラにならずにすんだ」

 これが「政治の究極」、北京を訪れた田中角栄に不倒翁・周恩来が、
 「昭和天皇に よろしくお伝え下さい」

 毛沢東の神格化に失敗した共産中国の、本音(ほんね)だったのかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がんばれ・トランプ君 9 | トップ | がんばれ・トランプ君 11 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL