The letter from YOKOHAMA

Yokohamaは未来に開けた街で、新らしいものを歓迎する進取の精神が生きている、そして、ここにしかないものがある

テロリズムの構造 8

2017-04-17 04:26:55 | Weblog
           
       バノンのアメリカ革命 中  
      
 トランプ政権を成立させたのは、バノンの選挙戦術だったのではあるまいか、だが、トランプ君は、彼を遠ざけて娘・イヴァンカの夫・クシュナーを重用(ちょうよう)し始めた。

 アメリカの低・中所得層に圧倒的に人気だったバノンは、最近の調査では22%、イヴァンカが46%、流れが変わったか、一部には、
 「バノンは 革命家である」
 何を革命するのか、アメリカである、これまでアメリカを支配してきたのは、
 1、WASP 
 2、ワシントンの政治家    
 3、グローバル企業群     
 4、軍産複合体   
 5、アメリカのマスコミ・・・

 これらは、アメリカの数%から十数%、バノンは、アメリカの大多数にアッピールする戦略を練った、見事に成功、そして、アメリカを引っくり返そうとする、だが、トランプがああだから、とてもムリだろう。

 だから、あぶないのはバノン、そろそろ、彼らが反撃に出る頃だ、原因不明の事故が起きるかもしれない。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テロリズムの構造 7 | トップ | トランプとカリアゲ君 上 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL