The letter from YOKOHAMA

Yokohamaは未来に開けた街で、新らしいものを歓迎する進取の精神が生きている、そして、ここにしかないものがある

100円のコーヒーと100億円のヒコーキ 6

2017-07-27 06:18:03 | Weblog
 
 アメリカの1%の金持ちにとって、イスラム国ほどありがたいものはない、北チョーセンさまさま・共産チューゴク大歓迎・・・

 ニッポンの明治神宮は140円のコーヒーを220円にして人々の信仰に応(こた)えていたが、そんなのはカワイイもんだ、シブヤで350円のワカメ・ソバが650円、かわいいかわいい、100円のアイス・コーヒーが400円、まあーなんて言ったらいいか、中途半端な宗教者ほどうす穢(ぎたな)いモノはない。

 アメリカがこうなったのは、1930年代の大恐慌から完全に立ち直れたのは第二次大戦の軍需景気、彼らは、これに味を占めた、
 「戦争は もうかる」
 だから、
 「戦争が無ければ 起こすまでのことだ」

 親切そうに見える人ほど、おそろしい人はない、正義をかかげる国ほど、悪い国家はないのかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 100円のコーヒーと100億円の... | トップ | 100円のコーヒーと100億円の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事