The letter from YOKOHAMA

Yokohamaは未来に開けた街で、新らしいものを歓迎する進取の精神が生きている、そして、ここにしかないものがある

アメリカとチベットとサウジアラビア 2

2016-10-16 02:42:46 | Weblog
     
 アメリカの「自由と民主主義」には、どんな目的があるのか。

 アメリカは中東の諸国に、これを押しつけてきた、そんでもって、あのイラクを解体したが、フセインのバース党は、今、イスラム国の幹部になっているらしい。

 そもそも、伝統的な部族社会に、こんなもんを注射したらどうなるか、たちまち、バラバラになってしまう、それがネライか。   

 「自由と民主主義」が人類の理想のように吹きまくる、世界の人々がそう思いこんでいく、その目的のひとつは、部族社会の解体・民族国家の殲滅、そして、世界的なマーケットを設立する、そうするとアメリカの巨大企業がもうかる、こういった図式ではあるまいか。

 その別名が、「グローバリズム」ということか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカとチベットとサウジ... | トップ | アメリカとチベットとサウジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL